2015年度:第一回定例大会 久里浜

TOPへ

2015年度:第一回定例大会 久里浜


第1回定例大会 久里浜:5月31日

Report by [ 前田 宏巳野澤 俊明 ]


2015年第一回大会が5月31日(日)神奈川県久里浜堤防及び海驢,笠島にて開催されました。
当日の潮周りは大潮の干潮09:33・満潮16:17
渡堤後は下げの朝マズメから上げ6分までの制限時間です。

会員19名とゲスト参加7名 ゲストの中に元黒研会員の渡辺亮氏も参加され、
乗船前より現在の近況報告や渡辺亮氏が会員だった頃の話で大いに盛り上がりました。

まずは堤防からの報告です。
早朝は波浪注意報が発令され潮位も高く、船上から堤防を見ると雰囲気はいい感なのですが、船長が先端は危険と判断。
堤防組の7名は、潮が下がるまで安全な根元側での釣行です。

上堤後に空を仰げば、日の出のマズメが絶景で見とれてしまいます。
がっしかしっ!見とれていなかった大野会員が堤防先端へ向けて猛ダッシュ(笑)!


当初の雰囲気は充分にも関わらず、堤防組全員にモーニングなし。

アタリすら一切なく潮位もテンションも下がる途中、長谷川会員のツブが割られたとの情報で一気にテンションMAX
これに続き、猛ダッシュした大野会員もやり取りをしていましたが、痛恨のラインブレイク!!

大きな溝周辺を沖側ヘチから流していた私の竿先に突然の押さえ込むアタリ。
アワセを入れて針掛りを意識したやり取りを開始しました。しかし近くには大きな溝があり、とてもジャンプで交わせる幅ではありません。
堤防内側の幅が狭まった箇所まで一旦迂回している際中不覚にも気を取られ、竿先のラインがテンションフリーに・・・。
迂回後、急いで巻き上げるもラインブレイク....

9時過ぎになると移動の船が来ます。

根元に上堤した7名のうち5名が先端へ移動していきます。残った2名は次のチャンス【上げっぱな】に掛けていました。
根元から先端に向かって歩いては落とす...を繰り返していたらやり取りをしている人がっ!!

ゲスト参加してくださった鶴見黒研の大津氏に待望の1枚(38cm/0.8kg)が上がりました。
12時になると先端へ移動していた会員が、潮位が高くなるとのことで根元に戻ってきます。

所用で昼に2名の参加者が帰路に着き、5名が堤防上に残りましたがその後の反応は無く、
今年の防波堤は1枚の釣果となりました。(堤防レポート作成 野澤 俊明)

続いて島の報告です。 

島も堤防同様に、前日午後から吹いた強い南風の影響のウネリが残り、笠島(大きい島)限定からの大会スタートとなりました

大混雑の大きい島は下げ潮定番ポイントで米山最高顧問が開始早々に1枚GET、川崎新堤黒鯛クラブ会長渡辺氏、5連続ヒットするも5連続バラしと魚も釣り人もテンションアゲアゲ状態*¥(^o^)/*

隣の人と仕掛けがおまつりする様な混雑の中、下げ潮が当たる島北側を中心に、潮止まりのAM9時頃までに五井黒研叶内氏の3枚を筆頭に約20枚程の黒鯛が釣り上げられました。



そんな中、ゲスト参加の小林氏筆頭に川崎新堤黒鯛クラブの方々がポツポツ数を重ね渡辺会長より「そろそろ遠慮しなさい!」とのゲキが飛びます(笑)

誰かにヒットすると、バラせコールが聞こえてくるなど小さい島は終始和やかな雰囲気。

両島明確な時合がないままポツポツ釣れる展開で沖上がりの14時半が迫って来た頃、前田氏に強烈なアタリ。掛けた瞬間黒鯛仕掛けでは失礼な相手だと分かるも長竿を限界まで曲げ必死に耐えること数分間。あと少しの所まで来た所で痛恨のチモト切れ・・・(号泣)

この幻の石鯛?の反応を最後にタイムアップとなり大会終了となりました。

(堤防レポート作成 前田 宏巳)


敢闘賞、ゲスト参加の川崎新堤黒鯛倶楽部小林氏


堤防で唯一の釣果、ゲスト参加の鶴見黒研大津氏


ゲスト参加の皆さま
[鶴見黒鯛研究会]大津様、新澤様
[元東京湾黒研]渡辺様
[川崎新堤黒鯛倶楽部]小林様、十河様、長嶺様、松本様

朝からの南風とウネリが落ち着いた潮止まりの9時過ぎに防波堤先端、アシカ島(小さい島)に移動可能となり堤防先端に5名、小さい島に佐藤会長始め9名が移動、後半戦の上げ潮が入るのを待ちます。
11時頃に大きい島水路ブッツケで高橋氏にHIT。この魚を機に大きい島は水路〜南面でポツポツ釣れ始めます。

一方小さい島は上ゲッパナに佐藤会長が1枚仕留めるも潮向き悪く後が続かず苦戦気味。

次第に良い上げ潮が入り始め、何故か漂ってくる焼きそばの匂いと戦いながらブッツケで粘っていた前田氏が良型をGET。これからこれからと期待が高まりますが両島ともイマイチぱっとしない状況が続きます。


結果は大きい島で2枚、小さい島で良型2枚、合計4枚揃えた前田氏が大型賞とW受賞で優勝!

準優勝は同じく大きい島で2枚、小さい島で2枚の合計4枚、僅差で佐藤会長。

第三位は大きい島で良型3枚揃えた五井黒研叶内氏が入賞しました。

残念だったのはゲスト参加の小林氏。単独TOPの5枚釣り上げられていたのですがストリンガートラブルで2枚脱走で3枚の検量。ゲスト参加初優勝かと思われただけに本当に残念でした。小林氏には当会より敢闘賞が送られました。

結果ゲスト含め、
26名で38枚と十分な釣果の出た第1回例会と成りました。

優 勝[大型賞]:前田 宏巳氏
52cm/2.33kg
49cm/2.10kg
43cm/1.22kg
42cm/1.04kg
合計 計4枚 総重量6.69kg

準優勝:佐藤会長
40cm/0.89kg
48cm/2.08kg
49cm/1.98kg
44cm/1.4kg
合計 計4枚 総重量6.35kg

3位:叶内 健雄氏
46cm/1.57kg
50cm/1.92kg
51cm/2.08kg
合計 計3枚 総重量5.57kg

4位:米山最高顧問
37cm/0.78kg
41cm/1.02kg
47cm/1.84kg
合計 計3枚 総重量3.64kg

5位:高橋 利武氏
45cm/1.34kg
45cm/1.22kg
43cm/1.05kg
合計 計3枚 総重量3.61kg

6位:天沼 寛司氏
44cm/1.27kg
42cm/1.23kg
43cm/1.07kg
合計 計3枚 総重量3.57kg 

7位:渡辺 勉氏
46cm/1.34kg
49cm/2.04kg
合計 計2枚 総重量3.38kg  

8位:岩室 彰男
49cm/1.81kg
41cm/1.06kg
合計 計2枚 総重量2.87kg 

9位:金子 圭一
51cm/2.08kg

10位:湯浅 尅俉氏
45cm/1.15kg

11位:後藤 清氏
41cm/0.94kg

12位:廣瀬 健夫
37cm/0.84kg

[以下ゲスト参加釣果]

十河氏
49㎝/1.90kg
42㎝/0.99kg
44㎝/1.30kg
合計 計3枚 総重量4.19kg

松本氏
46cm/1.37kg
51cm/2.23kg
合計 計2枚 総重量3.60kg

小林氏
36cm/0.73kg
45㎝/1.56kg
38㎝/0.80kg
合計 計3枚 総重量3.09kg

長嶺氏
48㎝/1.68kg

大津氏
36cm/0.8kg

例会参加者(順不動)
叶内健雄:後藤清:秋元誠一:佐藤達夫:前田宏巳:米山修:湯浅尅伍:渡辺勉:久永廣太郎:
天沼寛司:岩室彰男:小川宗良:長谷川直也:大野誠:野澤俊明:金子圭一:廣瀬健夫:伊藤悟:高橋利武

2014年度:第一回定例大会 久里浜


本年度第1回目の例会が去る6月1日(日)久里浜にて行われました。
昨年の久里浜例会は北東の強風とうねりで非常に厳しい大会になり、特に堤防チームはアタリさえ無かった散々な結果に終わっています。


天気は朝から快晴と思いきや深い朝もや(霧?)がキツく堤防から島へ向かうも一時島が見つからないと言うハプニングのあった程でした。
朝モヤの中、堤防先端に6名、元に1名、笠島に9名、アシカ島に9名に分かれて例会スタートとなりました

一方、島チームはアシカ島に降りた米山最高顧問、天沼氏が上げ潮定番ポイントであるブッツケで開始早々に1枚ずつGET。
笠島では誰の竿も曲がらず好条件と思われた朝の上げでの釣果は両島合わせて2枚とさみしいスタートになりました。

しばらくして満潮の潮止まりを挟み、緩やかに下げ潮が流れ始めた6時過ぎ、アシカ島の米山最高顧問が北側ブッツケ根極で狙いすましたように2枚目をGET

下げっパナの時合到来を期待するも続きません。
モヤも晴れ快晴になり両島でまったりとした空気が流れるなか本年度より当会復帰の叶内氏が笠島水路でGET、直後に金子氏が大物GETと笠島で2枚魚がでます

アシカ島も川崎新提からのゲスト望月氏、十河氏も釣果が出て一人蚊帳の外になったのはなんと佐藤新会長しかし10時頃には遥々9名全員型が型を見れ、合計10枚の魚が出でソコリの潮止まりを迎えます。
昼頃からゆっくりと上げ潮が流れ始め、特に上げ潮の釣果が期待出来るアシカ島は皆真剣に狙いますが当たりが出ません。
15時の終了時間に向け次第に吹き出した南風の影響もあって上げ潮が激流となり非常に釣りづらい状況になります。
そんな中、渡辺氏が激流のタルミを狙い貴重な2枚目をGET

1枚釣れば大混戦の状況に最後の最後まで皆諦め悪く真剣に狙いましたが渡辺氏の魚以後追釣は無く競技終了時刻を迎えました。

今回のゲストの皆さま〜右より
十河様(川崎新堤黒鯛倶楽部)
望月様(川崎新堤黒鯛倶楽部)
新澤様(鶴見黒鯛研究会)

次回例会は7月6日木更津防波堤にて開催予定です
沢山の方々のゲスト参加お待ち致しております。

 

今年は昨年のような爆風は無く1日緩い南風予報。
潮時は満潮 05:39(潮位152cm)干潮12:42(潮位10cm)
渡船店丸清さんのご好意により1時間早出(通常は平日6時半、土日5時半出船)により上げ8分(潮位140cm)位から釣り始めることになり、ソコリを挟み終了が 15:00 上げ 3.5分(潮位58cm)までの釣行予定。

風もなく静かな堤防は厳しい状況が予想されましたが、堤防先端に降りた鈴木氏が開始早々内側溝出口で40cm一枚ゲット。
続けて10分後、またまた鈴木氏が今度は溝の中から強烈に引いた41.5cmを引きずりだし2枚目をGETします。

その後、石田氏、村山氏をはじめ各会員にアタリは出るものの掛けるまでには至らず。
朝モヤに煙る堤防の朝イチはなかなかの反応がありました。

優 勝:米山最高顧問
47cm1.81kg
43cm1.2kg
合計2枚

準優勝:渡辺 勉氏
43.5cm1.57kg
43cm1.3kg
合計2枚

3位[大型賞]:金子 圭一氏
52.5cm 2.6kg

4位:鈴木 哲夫氏
41.5cm1.09k
40cm1.19kg
合計2枚

5位:天沼 寛司氏
47.5cm 1.8kg

6位:望月氏(ゲスト)
47.5cm 1.7kg

7位:佐藤会長
44.5cm 1.37kg

8位:狩野 誠司氏
43.5cm 1.15kg

9位:十河氏(ゲスト)
43cm 1.01kg

10位:高橋 利武氏
41cm 0.98kg

11位:前田 宏巳氏
38.5cm 0.89kg

12位:叶内 健雄氏
40cm 0.8kg

例会参加者(順不動)
叶内健雄:岩室彰男:後藤清:秋元誠一:石田浩:村山祐介:佐藤達夫:前田宏巳:米山修:渡辺勉:久永広太郎:天沼寛司:鈴木哲夫:長谷川直也:大野誠:関口真一:丸山忠:金子圭一:狩野誠司:廣瀬健夫:伊藤悟:高橋利武