2020年 東京湾黒鯛研究会主催 黒鯛稚魚放流

2020年9月10日(木)黒鯛稚魚放流が行われました。

参加者全員で記念撮影

9月10日(木)金沢八景の村本海事に駆けつけたのはホームの野島防波堤海津クラブのメンバーと東京湾黒鯛研究会のメンバーそして 横浜新山下、山本釣り船店の船で来たのは横浜黒鱗会、横浜黒寿々会、横浜黒落会の有志連合が集合 8時に予定通り稚魚を積んだトラックが到着、今回は神奈川県栽培漁業協会の斡旋により岩手県からの搬送です。遠路はるばる何百キロもの 長旅の末無事到着しました。今回の放流数は9000尾。累計放流総数281,600尾

野島 村本海事様に集合した船宿様
横浜からの有志様
野島防波堤 海津クラブの皆様

トラックの水槽には6~7センチ程の稚魚達が所狭しと元気良く泳ぎ回りコロナ時代風に言えば正に三密状態です。そしてトラックより船へとバケツリレーの開始です。 皆さん手慣れていて30分弱で村本海事さん、山本釣り船店さんへの積み込みは完了し地元海域への放流に出航、トラックは次の港、久里浜、丸清丸さんの待つ浦賀港へと向かいます。 浦賀港では久里浜の丸清丸さん、そして横須賀BFC主体のメンバ-と当会最高顧問の米山氏も加わり東電防波堤付近へ放流です。

横須賀BFC様と当会米山氏

例年だと村本海事さんの駐車場に地元の金沢小学校の一年生が校外学習で手伝いに来てくれ黄色い声が飛び交いながらのイベントなのですが今年は新型コロナの影響で 小学生の参加は無く叔父さん達だけでの作業で何か物足りないと思っていた所トラック後方ののぞき窓にランドセルを背負った子供さんが4~5名、ちょうど通学時間だったようで 聞けば一年の時にここでバケツを持って稚魚放流をやったと聞き心温まる思いでした。

登校中の金沢小学校生徒

今年で黒鯛稚魚放流は25年目と成りましたが今回を持ってひとまず終了と致します。 黒鯛は古来より日本近海に生息し外来魚ではありません。しかしながら近年アサリやノリの漁業被害が黒鯛によるものではないか?とニュ-ス等でも報じられました。 黒鯛は貝や海苔は大好物なので当然食べると思います。しかし最近食べ始めた訳ではなく以前からも食べていたと思います。アサリやノリの不漁には温暖化やその他色々な原因が 考えられますが正式な答えは出ていません。このような状況下東京湾内の漁業組合さんもほとんどが黒鯛の放流を取りやめる事となり25年間お世話になった神奈川県栽培漁業協会さんも 黒鯛の発注が僅かになりとても自主生産は対応出来ないと今年度より生産中止と成りました。当会としても今回のように遠い他府県から陸送する手立てもありますが同じフィ-ルドの 漁師さんとのトラブルは絶対にあってはならず苦渋の決断ですが今回で終了と致します。

バケツリレーの始まりです
久里浜のバケツリレー
久里浜の放流です
横浜の放流です
野島の放流
大事にリレーしていきます

そしてこの黒鯛稚魚放流に協力して頂いた多くの釣り人、協賛協力頂いた釣り会、メーカー、メディア、渡船店、釣り具店の皆様ありがとうございました。 稚魚を生産頂いた神奈川県栽培漁業協会様ありがとうございました。我々のような民間団体で25年間も続けて来られたのも皆様方のささえがあってこその事だと思います。 ほんとうに長い間ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。 また今後の状況次第で稚魚放流を再開する事があるかも知れません。その節は宜しくお願い申し上げます。

当会の重鎮 湯浅氏も参加しました
一匹 一匹が大きく育ちますように

東京湾黒鯛研究会 会長 佐藤達夫

2019年度 東京湾黒鯛研究会主催 稚魚放流

野島 横浜組が村本海事様で全員集合

2019年10月3日(木) 黒鯛稚魚放流が予定通り行われました。 放流募金に協力して頂いた多くの釣り人、協賛協力頂いた釣り会、メーカー、メディア、渡船店、釣具店の皆様ありがとうございました。 またクロダイ稚魚を栽培して頂いた神奈川県栽培魚業協会様。今回の放流に五千尾の寄贈を頂き感謝申し上げます。ありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

台風18号が日本海を北上する予報で開催出来るか心配したが予報が一日遅れるようで強風は翌日の金曜日との事で予定通りの開催となった。 当日は7時30分黒鯛稚魚を積んだ神奈川県栽培漁業協会様手配の大型トラックが金沢八景、村本海事に無事到着。小窓から見える黒鯛の赤ちゃん、第一印象は「今年は大きい」 そして皆元気それはそれは可愛らしい姿です。例年五百円玉程の小さい稚魚もけっこういたが今回の稚魚は平均8cmぐらいあり大きいのは10cm近くある稚魚も 程無くして横浜の山本釣舟店様が到着しました。

今年の稚魚 少し大きめです

横浜からは黒鱗会、黒寿々会、黒落会、の方々も参加して頂き野島メンバ-も含め皆でバケツリレ-開始です。 皆手馴れたもので15分程で予定数を積み込み地元横浜へ向け出港して行きました。 続いて野島放流分を地元野島カイズクラブのメンバ-を主体とした面々で村本海事様の船に積み込み防波堤周りに放流です。

野島村本海事様の船と横浜山本釣船店様の船
参加者全員でバケツリレーの始まりです。
当会の湯浅さんも参加しました
横浜組全員集合
横浜での放流風景
久里浜での放流風景
野島での放流風景
野島放流組全員集合

その後トラックは浦賀港に向かい出発、浦賀港では久里浜の丸清丸、横須賀BFCを主体とするボランティアメンバ-が積み込み等を手伝い 久里浜の東電周辺に放流して頂きました。 いつも目の色を変えながら釣っている黒鯛なのですがこの時ばからは「釣られるなよ」と心でつぶやいてしまうのは不思議です。

金沢小学校1年生が来ました
皆さん 行儀よく聞いています
全員集合です

9時15分野島橋に金沢小学校の一年生が全員小さなバケツを持って到着、今年の1年生は3クラス71名です。 赤組、白組二組に分かれてもらい一組は事前に用意していた「黒鯛成魚3尾」、今回放流する「稚魚」、そしてどういうものを食べているのかがわかるカニや貝などの「エサ」を、 それぞれ大きな桶に入れて地元の魚・釣文化に自分の手で触れていただきます。 おっかなびっくり触る子や、平気で触れる子。どの子もみんな目を輝かせて、とてもかわいい笑顔を見せていただきました。

もう一組は持参したバケツに一人一尾づつ稚魚を入れてもらいスタッフの安全監視のもとで放流をしていきます。放流した魚を目で追う子、バイバイと手を振る子、どの子もとってもかわいいですね。

大きくなってね...

今回の放流を通して、生命の尊さ、生き物や海への思いやり、地元の環境のすばらしさ等を学んで頂けたら幸いです。 稚魚も、子どもたちも、無事に大きくなって幸せになっていただきたい。 稚魚放流後、10cm未満の赤ちゃん黒鯛が釣れたらそっと放してやってください。 数年後には我々を熱くする立派な黒鯛に成長することでしょう。 協賛、協力をいただいた皆様に感謝し心より御礼申し上げます。 ありがとうございました。

2019年度黒鯛稚魚放流数  11500尾   累計放流数  250600尾

今回放流場所及び放流数  横浜 3000尾  野島  5500尾  久里浜  3000尾

Report by [ 佐藤 達夫 ]

2019年 第四回定例大会 木更津堤防

今年最後の第四回例会がチャリティー大会当日、大会終了後の木更津沖堤で開催されました。

大会の時間は14時から18時の最終便まで...しかも途中の堤防移動不可との条件付き。 参加者は大会の釣果情報が渡堤先を決める唯一の情報源です。

チャリティー大会が終了し、閉会式が終了してから参加者は準備に余念がありません。 しかもチャリティー大会で上位入賞者が、例会欠席となっているので逆転の可能性のある会員は、気合の入れ方が違います。

14時...参加者全員が宮川丸の船に乗船。 釣果の少なかったD堤には、佐藤会長を含めて数名が降ります。C堤には1名 人気のB堤にも数名の会員が降り、A堤にも1名の会員が降りました。 午前中に釣れていない堤防が午後の潮位の上がった時に釣れる...のジンクス...? 大会でも釣果のあった堤防は、やはり午後の潮位の高い時にも釣れる。  さて、どちらが正解か...!?

良い感じの風と潮の動きもありますが、各堤防ともアタリすらもらえない状況... 時間だけが過ぎて行きますが、アタリボウズの会員が多い状況でしたが、 B堤に渡った安藤氏が検量サイズギリギリの30cmの釣果がありました。 さてここからか...?と思っていたら、迎えの船が着て終了... A堤は全滅...B堤は1枚。 さて、C堤は...× 数名の会員が渡ったD堤は...全員ボウズ...! 釣果のあった安藤氏の独り勝ちで、例会が終了しました。

東京湾黒鯛研究会主催 第11回黒鯛稚魚放流チャリティー大会

東京湾黒鯛研究会が主催する【第11回 黒鯛稚魚放流チャリティー大会】が、9月15日に木更津堤防にて開催されました。 本来なら7月7日に開催する予定でしたが、悪天候により中止と判断しました。 その後、当会役員と船宿様との調整の上、9月15日に開催する運びとなりました。 しかし、令和元年9月9日未明に千葉県に上陸した非常に強い台風15号の被害は、木更津市をはじめ千葉県に甚大なる被害もたらしたことは記憶に新しく、大会を開催する木更津堤防を拠点に活動する東京湾黒鯛釣り友の会(以下、東京黒友会)の 山下会長や郡副会長をはじめとして、東京黒友会会員の方々が復興のために既に動き出した。 と言うことを知り、当会としまても被災された方々の生活再建の一助として、当会主催の『第11回 黒鯛稚魚放流チャリティー大会』において 、大会参加者からの義援金を受け付けました。 その義援金総額が107,519円になり、この義援金の一部より木更津市で早急に必要としている合成樹脂製シート(ブルーシート)を、30枚 (1枚の大きさ: 3.6 m× 5.4m )を、当会会長と東京黒友会の越川様より木更津市危機管理課、地曵様と日比谷様に引き渡しました。 また義援金 56,327円を木更津市の財政課へご寄付させて頂きました。 多大なるご寄付を頂戴できたことは、ひとえに大会に参加された黒鯛師の助け合う心。 即席ではありますが、私共の活動をご理解して頂いたことと身にあまる光栄存じます。 誠にありがとうございました。

ブルーシートをお渡ししました
義援金有難うございます。

義援金有難うございました

さて大会の報告です。 この大会の前の黒鯛工房主催のヘチ釣り選手権が台風による安全確保困難のため中止の決断がされたなか、大会を開催するか否か悩みましたが、開催予定日の天候も問題ないようで渡船店さんからも「是非大会を開催し被災地を盛り上げてほしい」と後押し して頂き、開催をする事と決定致しました。 延期した日程が3連休の中日でもあることと、台風被害を考慮したのか今年の参加者は91名と、昨年の123名より少なくはなってしまいましたが、この91名の参加者と、東京湾内で活躍する黒鯛釣りクラブ様からの稚魚放流資金15万円もの稚魚放流資金を頂戴することになりました。

TEAM HONMOKU ANGLERS様 稚魚放流資金も頂戴しました
Bay Hustler様 稚魚放流資金有難うございます。

こちらの稚魚放流資金につきましては、来年度の放流資金として活用させて頂く事も合わせてご報告させていただきます。 本当にありがとうございました。

大会は午前6時スタ-ト11時納竿の5時間勝負です。 渡堤直後のモーニングは予想以上に少なく、各堤防担当からの連絡がありません。 7時を過ぎた頃から、各堤防からの釣果情報が入ってきます。  この時点で釣果はあるので一安心です。 海の状況は、やはり台風による浮遊ゴミが多いところもあるような状況でしたが、潮の高い時間では各堤防に釣果が出ていて、その後2枚釣果者が3名いるとの情報もありましたが、30cmに満たない小型の黒鯛もそれなりに釣れている情報もありました。

A堤防 全員写真
B堤防 全員写真
C堤防 全員写真
D堤防 全員写真

11時の競技終了時間が近づくにつれ、アタリの数も減ってきたようで11:00で競技終了となりました。 さて集計です。  2枚の釣果者が5名と、総全長で勝負となりました結果、東京黒鯛神所属の西藤和弘様が、総全長82.5cmで優勝 準優勝に総全長77.6cmの高橋裕様。 第3位に当会所属の天沼寛司氏が77.5cmと、0.1cm差でした このチャリティー大会も、今年からAwardの予選大会になり、優勝の西藤様が枚数の部で。 長寸の部では、52.0cmの魚を釣り上げたTEAM HONMOKU ANGLERSの黒田将様がAwardの権利を獲得しました。 なんと西藤様は夫婦でのAward参加となり、ご婦人様は6月に開催された落とし込みバトルの長寸の部で獲得しており、Award史上初の(?)夫婦参加決定です。  関東パワーを...夫婦での上位入賞を期待しております。

優勝の西藤様
左から準優勝の高橋様 優勝の西藤様 第三位の天沼氏 大型賞の黒田様
最後に全員で記念撮影

大会結果 (敬称略)

優勝  西藤 和弘 2枚 82.5cm

準優勝 高橋 裕   2枚 77.6cm

第3位 天沼 寛司 2枚 77.5cm

第4位 中島 朋幸 2枚 70.9cm

第5位 上野 憲吾 2枚 63.2cm

第6位 黒田 将   1枚 52.0cm

第7位 山田 邦彦 1枚 47.0cm

第8位 神崎 猛   1枚 46.7cm

第9位 岩室 彰男 1枚 42.5cm

第10位 二瓶 直樹 1枚 38.2cm

第11位 深澤 昌史 1枚 37.8cm

第12位 増沢 賢   1枚 37.7cm

第13位 大森 収  1枚 36.5cm

第14位 矢内 充   1枚 35.5cm

第15位 飯島 雪雄 1枚 35.3cm

第16位 神田 秀樹 1枚 35.0cm

第17位 狩野 誠司 1枚 34.0cm

第18位 石原 慎一 1枚 33.2cm

第19位 廣瀬 健夫 1枚 32.5cm