第10回「ヘチ釣り講習会」

東京湾黒鯛研究会広報担当 石田 浩

平成19年7月16日川崎新堤に於て開催



7時受け付け開始にはほぼ受付完了!

当会がボランティアで開催している講習会も、今年で10回目を迎えました。今回は50名募集ところ、台風の災害救助や緊急入院等で2名のキャンセルが出て48名の参加。

開催防波堤は神奈川県東扇島の外側に横たわる4kmにもなる長大な川崎新堤にての開催です。足場も良くタナ釣りが本格的に楽しめる防波堤としても名高く、地元を中心に浮気しないファンを数多く引きつけている釣り場です。

この日は、7月としては非常に強い大型の台風4号が数日前より関東に接近しており、当日の開催が危ぶまれました。

ところが熱心なヘチ釣りファンの熱い思いが通じたのか、台風の進路進行は微妙なところで速度と進行を変え、講習会を予定通りに開催する事ができました。

実釣前の講師割り振りと注意


いよいよ渡船開始!

毎年講習生は受付開始の7時前にはほとんどの方が受付を済ませてしまいます。
不思議な事に遅刻の方はいません。
これも釣りバカ・・・の血が騒ぐのでしょうか?

朝のうちは台風の吹き返しの影響が多少残り、やや北風が強い状況でしたが、釣り宿長八の渡船で防波堤に着いたときにはまったく問題なく、天候も秋の空を思わせる、まさに台風一過の晴天となりました。

早る気持をおさえ、まずは仕掛け作りから

わからないことあったらなんでも聞いてね・・・
山下講師

実技講習は講習生2〜3名一組に講師1名の割合で、仕掛けからエサの付け方、基本的な釣り方と手取り足取りの指導です。

クロダイを狙うまなざしは真剣


講習生に囲まれてはにかむ渡辺講師

最近は女性にも人気がでてきた「ヘチのクロダイ釣り」、昔から男の世界と言われた「黒鯛師」をめざして2人の女性も参加しました。


金子講師とチーズ!

川崎新堤は4kmにもおよぶ長大な防波堤

直前まで台風による大量の真水流入と中越沖地震の影響か、クロダイの活性が低く、バラシとアタリが出た程度で、残念ながら講習生には釣果はありませんでした。


講習生の分をちゃっかり釣り上げた鈴木講師

講習開始!米山会長のあいさつ

午後2時の船で帰船です。

実釣講習の後は、会場を川崎マリエンという東扇島にある多目的公共施設へ移動しての座学講習です。

米山会長の挨拶に続き、今回の講師は竹内氏です。
環境保全、安全、マナーと日頃おろそかになりやすい事にも熱の入る講義です。

竹内講師の講議


鈴木救急救命士の救急救命指導
 

安全指導という立場から、水難救助の一環として救急救命。

指導を横浜管轄の鈴木救急士のご好意により、短い時間ではありましたが、内容の濃い実践的な指導を実地を交えて行いました。

続いて、当会で長年実施している活動の一つタグ&リリースの解説です。

田中名誉会長のタグ&リリース解説


講議に聞き入る講習生

講義は田中名誉会長です。 今回は東京海洋大学の丸山助教授の分析結果も交えての興味深いクロダイの行動の一端が紹介されました。

講習会の締めくくりは全員お待ちかねの修了式です。
各メーカー様からの協賛品贈呈もこの講習会の魅力の一つです。


当会の活動の一つ「釣り人自身による黒鯛稚魚放流活動」の資金協力もいただき、午後7時に講習会は無事終了になりました。

講習会終了後、講習生のアンケートを会員で考察したところ、講習会を支持していただいた講習生が多く、今後とも多くのヘチ釣りファンに参加していただける講習会に発展させていこうと話し合いました。
また、時代の流れか「喫煙」に関する要望が多くありました。

今後、そのような課題も快適に受講していただくために対策をしていきたいと考えています。

協賛
株式会社オーナーばり
黒鯛工房
ゴーセン株式会社
株式会社サンライン
株式会社シマノ
有限会社精金社
ダイワ精工株式会社
株式会社デュエル
箱政
株式会社フジノライン

協力出版社

磯投げ情報
週刊釣場速報
週刊釣りニュース
ちぬ倶楽部
つり人
堤防磯投げ情報

特別協力
船宿長八
フィッシング中原
勇竿

第9回「ヘチ釣り講習会」

東京湾黒鯛研究会広報担当 石田 浩

平成18年8月6日五井防波堤開催



受付は朝の8時半に開始

平成18年8月6日五井防波堤開催

当会がボランティアで開催している講習会も今年で9回目を迎えました。 お陰さまで当講習会はヘチ釣りファンの間で定着し、58名程の応募者(実参加者53名)がありました。

今回の講習は初の試みとして、千葉県の五井沖にある五井防波堤で開催されることになりました。

千葉県での開催は実績がなかったので、何人の講習生が集まるのか多少の不安がありましたが、今回は千葉在住の講習希望者が予想より多く集まっていただき、盛況のうちに開催することができました。

受付は8時半ですが、さすがに釣りというと気のはやる講習生は集まりも早く、講義講習会場の千葉県労働福祉センターが開館される前から集まっていただき、早々と受付を済ませていただきました。

午前9時、今回の講義も前回に続き高橋利武氏が行いました。

講義に聞き入る講習生


高橋利武氏の講義

3度目の講義とあって、講義にも余裕が感じられました。
竿を使った講義は理解しやすいと講習生に評判でした。

タグ&リリース活動に於いて、回収したタグより判明した黒鯛の回遊ルートの説明を、興味深そうに聞かれていました。

田中名誉会長よりタグ&リリース解説


安全指導という立場から、水難救助の一環として救急救命指導を救急隊員の指導のもと行いました。
最近、釣り人の水難事故が多く、東京湾黒鯛研究会としてもただ単に釣りを指導するだけでなく、安全、環境、マナーという基本的な釣り人の心構えにも気配りをしていただくために取り入れた講習項目です。
今後とも、安全と釣り人のモラル向上のために講習会にはこのような講習項目を取り入れていきます。

午後からは実技指導の開始です。守山釣船店の船を特別に2隻用意していただき、いよいよ防波堤へ渡船です。

出船前の風景


五井防波堤は青灯に到着

実技は講師一人に対して3名のグループで行われ、午前中の講義で得た知識をいよいよ実践です。
基本的な仕掛け作りからえさの付け方まで、マンツーマンでじっくりと指導です。

基本的な仕掛け作りから釣り方まで、
日頃の疑問に答えながら指導しました。


はやる気持ちを抑え準備準備

釣り方のコツは「こうして、ああして・・・」

実技となると講義講習にはない真剣さと気迫が感じられました。

なんとかクロダイを釣らせてあげたい講師と、
なんとか釣ってみたい講習生。

ご夫婦での参加です!(うらやましいなぁ・・千葉講師)


今回の釣果は講師の1尾を含めて3尾

左から講師の後藤氏(32.5cm/650g)
講習生 椎名 誠氏(42cm/1400g)
講習生 富山 清一氏(36cm/850g)

以上の方々おめでとうございました。
講師の後藤氏は生徒に釣らせず自分で釣ったと言うペナルティとして、稚魚放流資金をいただきました。

講習会最後の締めくくり、米山会長より修了証とメーカー協賛品の授与です。
クロダイの釣れた方も釣れなかったた方も満足!


今後とも、一人でも多くの釣り人に「へチ釣り」を愛していただけるよう、努力して参ります。
来年も、協賛・協力いただきました皆様方のご協力を、よろしくお願い申し上げます。

 

協賛
株式会社オーナーばり
黒鯛工房
ゴーセン株式会社
株式会社サンライン
株式会社シマノ
有限会社精金社
ダイワ精工株式会社
株式会社デュエル
箱政
株式会社フジノライン

協力出版社

磯投げ情報
海釣りガイド
陸っぱり
週刊釣場速報
週刊釣りニュース
つり人
つりマガジン

特別協力
千葉五井黒鯛研究会
五井守山釣船店
京葉つりエサ店
フィッシング稲毛
つり具カトウ市川本店
餌勝商店錦糸町店
房総フィッシング五井店

第8回「ヘチ釣り講習会」

東京湾黒鯛研究会広報担当 石田 浩

平成17年7月24日野島防波堤開催



乙舳会館

東京湾黒鯛研究会がボランティアで開催している講習会も今年で8回目を迎え、今回の講習も前回に続き野島防波堤で開催しました。

ヘチ釣りに興味のある釣り人がけっこう多く、今回は65名程の応募者(実参加者60名)があり、遠くは新潟や福島県からの参加者もいました。

7時より受付を野島防波堤渡船業の村本海事(株)で済ませた講習生は、午前中の講習会場、乙舳会館に集合しました。

午前8時、乙舳会館で講義の開始です。



高橋利武氏の講義

今回の講義も前回同様、高橋利武氏が行いました。

回数を重ねるほどに講義の要領も習得し、初心者にもわかりやすい講義になりました。

タグ&リリース活動に於いて、回収したタグより判明した黒鯛の回遊ルートの説明を、興味深そうに聞かれていました。


田中名誉会長よりタグ&リリース解説

角田氏指導の救急救命講習
去年より取り入れた安全指導という立場から、今回は救命胴衣(フロート・ベスト)の紹介とその必要性や、水難救助の一環として救急救命指導を救急隊員の指導の下行いました。

身近な危険と隣り合わせということを認識してか、講習生の実習も真剣でした。今後とも、安全と釣り人のモラル向上のために講習会にはこのような講義をどんどん取り入れていきたいと考えています。

午後からは実技指導の開始です。
村本海事(株)の船でいよいよ野島防波堤へ渡船です。


村本海事の船で防波堤へ渡船開始

実技は講師一人に対して3名のグループで行われ、午前中の講義で得た知識をいよいよ実践です。

基本的な仕掛け作りからえさの付け方まで、
マンツーマンでじっくりと指導です。



協賛品を受け取った喜びの講習生

シャンケン大会で見事勝利!
黒鯛は釣れなかったけど、幸運を我が物とする力、アッパレです。

今後とも一人でも多くの釣り人に「へチ釣り」を愛していただけるよう、努力して参ります。

来年も、皆様方のご協力、よろしくお願い申し上げます。


修了式

最後になりましたが、今回ご協力、協賛をいただいた皆様に感謝いたします。

ありがとうございました。

協賛
株式会社オーナーばり
黒鯛工房
ゴーセン株式会社
株式会社サンライン
株式会社シマノ
株式会社スノーピーク
有限会社精金社
ダイワ精工株式会社
株式会社デュエル
箱政
株式会社フジノライン

協力出版社

磯投げ情報
海釣りガイド
陸っぱり
週刊釣場速報
週刊釣りニュース
つり人
つりマガジン

特別協力
太平釣具
フィッシング中原
フィッシュロード
勇竿
村本海事

第7回「ヘチ釣り講習会」

東京湾黒鯛研究会広報担当 石田 浩

平成16年6月13日 野島防波堤開催



乙舳会館

当会がボランティアで開催している講習会も今年で7回目を迎えました。
お陰さまで当講習会はヘチ釣りファンの間で定着し、今回も40名程の応募者(実参加者35名)がありました。

今回の講習は比較的釣り人の希望が多かった野島防波堤を開催地に選考しました。
当初、7月11日開催予定でしたが、参院選と重なることが分かり、急遽6月13日に変更して行うことになりました。

この日の午前中はあいにくの雨。
雨は午後には上がるとの予報でしたので、午前中に予定していた堤防での実釣講習を午後へ変更し、講習会を開始する事になりました。

7時より受付を野島防波堤渡船業の村本海事(株)で済ませた講習生は、午前中の講習会場、乙舳会館に集合しました。

午前8時、乙舳会館で講義の開始です。
今回の講義は高橋利武氏が行いました。

竿を使った講義は理解しやすいと講習生に評判で、講師の高橋氏も熱が入りました。


高橋利武氏の講義

神奈川県栽培漁協課長のお話

今回は例年の講習会にない項目がいくつか企画されました。
その一つが神奈川県栽培漁協課長の講義です。

我々東京湾黒鯛研究会では活動の一つに稚魚放流活動を行っています。その報告と実際の栽培漁協関係者の現状を報告していただきました。

安全指導という立場から、水難救助の一環として救急救命指導を救急隊員の指導の下行いました。

最近、釣り人の水難事故が多く、東京湾黒鯛研究会としてもただ単に釣りを指導するだけでなく、安全、環境、マナーという基本的な釣り人の心構えにも気配りをしていただくために取り入れた講習項目です。

予想していたより真剣な眼差しで、講習を受ける講習生や我々も、救命活動の重要性を再認識させられました。今後とも、安全と釣り人のモラル向上のため、講習会にはこのような講習項目を取り入れていきたいと考えています。


救急救命講習

午前中にひとしきり降り続いた雨も上がり、堤防では好条件の風と潮周となりました。

村本海事の船で防波堤へ渡船開始。



本格的な仕掛け作りからエサの付け方まで。
講習生が日頃感じる疑問に対して、
じっくりと指導されていました。

実技は講師一人に対し1〜2名程度の割当で行われ、
午前中の講義で得た知識をいよいよ実践です。



釣り雑誌やホームページなどの文章を読むだけでは、ヘチ釣の極意は習得できません。
ヘチ釣が短期間で上手くなる秘訣は、日頃から黒鯛を良く釣る釣り人の釣を方を目で見て真似する事なのです。

左写真、左側から
□篠崎達男氏 44cm/1.5kg新堤
□石田浩(篠崎氏指導講師)45cm/1.55kg新堤
□笠原康右氏 36cm/0.6kg ハナレ
□谷口渡氏 41.5cm/1.2kg ドッグ


帰港後、乙舳会館にて、表書式、終了式、ならびに粗品の授与。

今後とも一人でも多くの釣り人に「へチ釣り」を愛していただけるよう、努力して参ります。
来年も皆様方のご協力を、よろしくお願い申し上げます。

協賛
株式会社オーナーばり
黒鯛工房
ゴーセン株式会社
株式会社サンライン
株式会社シマノ
株式会社スノーピーク
有限会社精金社
ダイワ精工株式会社
株式会社デュエル
株式会社フジノライン

協力出版社

磯投げ情報
磯マガジン
海釣りガイド
陸っぱり
週刊釣場速報
週刊釣りニュース
つり人
つりマガジン

特別協力
太平釣具
フィッシング中原
フィッシュロード
勇竿
村本海事

第6回「ヘチ釣り講習会」

東京湾黒鯛研究会広報担当 石田 浩

今回の講習も開催に手慣れた川崎新堤と川崎マリエンを実釣会場と講義会場に選びました。



7時前受付開始

今回の講習も開催に手慣れた川崎新堤と川崎マリエンを実釣会場と講義会場に選びました。

朝7時に受け付け開始ですが熱心な講習生は早々と手続きを済ませ、前回同様7時までにはほぼ全員が受付を終了しました。

当会がのボランティアで開催している講習会も今年で6回目を迎えました。

お陰さまで講習会もヘチ釣りファンの間で定着し、63名程の応募者があり、講習生の中には遠路札幌からの希望者(49歳男性)もおりました。

8時、講習生と講師は船宿「長八」の手配してくれた2隻の船で実釣講習会場の川崎新堤へ渡船です。

今回の全体実技指導は、この道50余年、川崎新堤の主、湯浅氏が担当します。名人の技を少しでも習得しようと、講習生の熱い視線が集まります。全体実技講習に続き会員と講習生がそれぞれのチームに別れ自由実釣講習が始まりました。

まずは防波堤は5番(船着き場)に集合です。

米山会長と幹事長の挨拶、注意事項の説明に続き、釣具メーカー見学者および釣り情報誌記者の紹介が行われ、いよいよ実技講習が開始です。


3隻の船で渡船開始

全体講習を行う湯浅氏

前回同様女性の参加者も2名あり、担当講師の優しく親切な指導は講習生以上にはりきっています。

釣果の成績順で高価なメーカー協賛品の贈呈もあり、講師も講習生も熱心な指導が続きます。

マンツーマンの講習では、色々な疑問も納得できるまで聞けるのが魅力です。

ちゃっかり講師の得意な防波堤の穴ポイントや釣り方のコツをこっそり入手している講習生もいました。

7月下旬、黒鯛釣り盛期ということもあり、クロダイの釣果は44.5cm/1.55kgを釣り上げた講習生の平山氏を筆頭に6尾の釣果がありました。

右写真、「また俺の竿にヒットしてくれよ! 次回も助けてあげるから」と、良く言い聞かせての放流です。


釣果のあった講習生

写真後列で黒ダイを見せているのは、
本来講習生に釣らせてあげるべきはずのものをちゃっかり釣り上げてしまった講師陣です。

講習生左から平山一郎氏/佐野力丸・力男氏(親子)乾守氏/井上勝志氏
会員後列左から赤松氏/米山会長/後藤幹事

当会編集のオリジナルテキストを使用し、前回に引き続き講師担当は佐藤幹事長です。

竿を使用した身振りを交えた講義は聞くものを飽きさせず、講習生にも大好評です。
続いて田中正司名誉会長から8年間に渡るタグ&リリースの報告と解説が行われました。



米山会長から修了証とメーカー協賛品授与

最後に修了証とメーカー協賛品をお土産に、講習生の感想等をいただきました。講習生の講習会に対する評価も上々でした。

今年の講習会はご協賛メーカー様も増え、講習生にも十分に喜んでいただけるお土産を持たせてあげることができました。来年も一人でも多くの釣りに「へチ釣り」を愛していただけるよう、今後も努力いたして参ります。

最後になりましたが、この講習会を支えていただいた、協賛出版社、協力メーカー、釣具店、釣船店の方々に厚く御礼申し上げます。

協賛
株式会社オーナーばり
黒鯛工房
ゴーセン株式会社
株式会社シマノ
株式会社スノーピーク
有限会社精金社
ダイワ精工株式会社
株式会社フジノライン

協力出版社

磯マガジン
海釣りガイド
陸っぱり
週刊釣場速報
週刊釣りニュース
つり人
つりマガジン

特別協力
フィッシング中原
フィッシュロード
勇竿
長八釣船店

第5回「ヘチ釣り講習会」

東京湾黒鯛研究会広報担当 石田 浩

前回に引き続き川崎新堤での開催



3隻の船で渡船開始

当会がボランティアで開催している講習会も今年で5回目を迎えました。
お陰さまで講習希望者も年々増えてきました。

今年は例年より1人でも多くの釣り人に講習を受けていただこうと、講習枠を50名程に引き上げての開催でした。

人数が多いと、どうしても小さな防波堤では無理があり、前回に引き続き川崎新堤での開催です。

この川崎新堤はクロダイの基本である防波堤のヘチのタナ釣りには持って来いの場所です。足場も良く初心者講習会には最適の場所なのかも知れません。


当日キャッチした講習生松田氏 38.2cm/1.4kg

今回の講習は米山会長、塩川幹事、高橋利武氏の3人のデモンストレーションでスタートです。
ヘチ釣りの名人の技が間近に観察できるとあって、見る目が真剣です。

引き続き会員と講習生がそれぞれのチームに別れ自由実釣講習が始まりました。釣果の成績に合わせたメーカー協賛品の贈呈もあり、講師も講習生も熱心な指導が続きました。

マンツーマンの講習では、色々な疑問も納得できるまで聞けるのが魅力です。ちゃっかり講師の得意な防波堤の穴ポイントや釣り方のコツをこっそり盗み聞きしている講習生もいたようです。

続いて田中正司名誉会長から7年間に渡るタグ&リリースの中間報告と解説が行われました。

最後に修了証とメーカー協賛品をお土産に、講習生の感想等をいただきました。
講習生の講習会に対する評価も上々でした。

興味深い感想にはこんな話がありました。 「私は2回目の講習ですが、今まで独学で1人で釣りをやって来ましたが、この講習会で多くの仲間ができ、日頃釣りを一緒に楽しむようになりました。」


熱の入る佐藤幹事長 実演付き講習

仲間ができるこれもまた釣りの喜びです。我々の講習会はそんな役割も果たしていたのかと思うとまた来年も頑張ろうと張り切る気持ちが湧いてきました。

また、来年も同時期に開催予定です。是非「ヘチ釣り」を習得したい皆さんのご参加をお待ち申し上げます。

最後になりましたが、この講習会を支えていただいた、協賛出版社、協力メーカー、釣具店、釣船店の方々に厚く御礼申し上げます。

協賛
株式会社オーナーばり
黒鯛工房
ゴーセン株式会社
株式会社シマノ
有限会社精金社
ダイワ精工株式会社
株式会社フジノライン

協力出版社

海釣りガイド
陸っぱり
週刊釣場速報
週刊釣りニュース
つり人
つりマガジン

特別協力
フィッシング中原
フィッシュロード
勇竿
長八釣船店

第4回「ヘチ釣り講習会」

東京湾黒鯛研究会広報担当 石田 浩

今年は川崎新堤にて開催



いよいよ渡船開始

講習会の開催場所は『横浜堤防・野島堤防』と場所を移動しながら行われ、多くの黒鯛釣り師が育って行った講習会も今年で4回目となり、川崎新堤で開催されました。

朝7時受付開始にもかかわらず、釣となるといても立ってもいられない御仁が多いのか、6時前に来られた参加者を筆頭に、受付開始時間の7時には全ての方が登録を済まされ、大いに意気込みを感じました。


当日黒鯛をキャッチした講習生
廣瀬氏45cmと鈴木氏53cm

早速、講師と講習者一同は釣船長八が特別に仕立ててくれた、2隻の船に分乗すると一路川崎東扇島の沖に座す4kmにも及ぶ長大な一文字堤の川崎新堤を目指しました。船着き場6番で開会の挨拶を米山会長が宣言され、いよいよ実地講習が始まりました。集合の時に感じられた、熱い意気込みは真剣な講習風景にも現れ、我々講師陣も何か良い成果を得られそうな予感がしました。

7月としては記録的な猛暑になった一日でしたが、ダウンぎみな講師の尻を叩く熱心な講習生達の実釣成果は、なんと53cm/2.4kgという超大物を釣り上げるという快挙で締めくくられました。

午後から川崎マリエンに場所を移し座学講習に移りました。

今回はテキストも一新され、代表講師の佐藤幹事長も講習生に負けじと釣り道具を用意して実演付きの講義でした。

講師、講習生の感想等を交え長時間に渡る講習会でしたが、講習生の皆さん最後まで目を輝かせての一日でした。疲労困憊して弱音を吐いていたのは講師陣だったかも知れません。


講義と修了式

東京湾黒研の講師陣

また、来年も開催予定です。是非黒鯛釣を志す釣り師の皆さんのご参加をお待ち申し上げます。

最後になりましたが、この講習会を支えていただいた、協賛出版社、協力メーカー、長八釣船店の方々また川崎マリエンを手配していただいた横森昭吉氏に厚く御礼申し上げます。

協賛
黒鯛工房
ゴーセン株式会社
株式会社シマノ
ダイワ精工株式会社
株式会社デュエル
株式会社フジノライン

協力出版社

海釣りガイド
陸っぱり
週刊釣場速報
週刊釣りニュース
つり人
つりマガジン
日刊スポーツ

特別協力
長八釣船店
横森昭吉氏

第3回「ヘチ釣り講習会」

東京湾黒鯛研究会広報担当 石田 浩

野島防波堤において開催されました



いよいよ渡船開始

平成12年7月23日に東京湾黒鯛研究会主宰による「第3回黒鯛ヘチ釣り講習会」が野島防波堤において開催されました。

午前8時半の渡船で午後4時までの実技講習。
午後5時より座学講習が黒研のオリジナルテキストを使用して開かれました。

実技講習では午後からの強風の中、皆さん粘り強く最後まで頑張ばっていました。座学では疲れを感じながらも真剣に聴講される講習生の姿が目につきました。

講習生の釣果こそ少なかったでしたが、アタリやバラシを経験した方も少なくなく、何かしらの成果を講習から学ぶ事ができたものと思います。

講習最後には釣具メーカー各社より寄贈された数々の釣具を釣果成績と抽選により授与いたしました。講習生が一番輝いた瞬間でもあったように思います
講習生の皆様の今後の御活躍を期待申し上げます。

最後に協賛・協力をいただきました、黒鯛工房、ゴーセン、ダイワ精工、リョービ、磯投げ情報、海づりガイド、週間つりニュース、釣り場速報、つり人、つりマガジン、日刊スポーツ新聞社の各社に御礼を申し上げます。