2018年度 東京湾黒鯛研究会主催 稚魚放流

10 月 4 日(木)平成 30 年度黒鯛稚魚放流( 6500 尾)が行われました。
今年度は台風が多数発生し、先週も台風 24 号が上陸、日本縦断するなど天候不順な日が多い中、
やや風が強かったものの無事予定通り放流する事が出来ました。

朝 7 時、平日にもかかわらず野島防波堤渡船の村本海事には、野島をホ-ムにする野島防波堤海津クラブの会員や
東京湾黒鯛研究会のメンバ-がボランティアで集合し、準備に余念がありません。
7 時半には横浜の山本釣り船店からのボランティアで参加してくれた横浜黒鱗会、横浜黒寿々会、横浜黒落会のメンバ-と共に到着し、後は稚魚の到着を待つのみとなっています。

そして 8 時 40 分神奈川県栽培漁業協会の活魚輸送車が到着します。
水槽の中には 5 ~ 8 cm程の黒鯛稚魚が皆元気に一方向を向いて整列して泳いでいます。
集まったメンバ-が活魚輸送車から船まで列を作り、バケツリレ-で手際よく稚魚を船へと積み込みます。
山本釣り船店が予定数を積み込み、早々に横浜へ向け出港して行きました。 続いて野島の村本海事の船に積み込み、防波堤付近の沈み根へと向かいます。

横浜と野島分の黒鯛を降ろした活魚輸送車は久里浜の丸清丸さんに向け出発。久里浜では横須賀 BFC のメンバ-に手伝ってもらい放流いたしました。
過去の稚魚放流では、カモメに多数喰われた苦い経験もあり、今回はカモメなどの海鳥に気を配りながら各防波堤共に無事放流することが出来ました。

野島放流分の稚魚を積んだ船が村本海事発着場を離れた頃に、小さなバケツを持った金沢小学校の一年生達の歓声が野島橋から聞こえてきます。
12年前にひょんな事から一緒に稚魚を放流することになり、その翌年からは金沢小学校の年間行事の一つとなった小学生による黒鯛稚魚放流活動ですが、今年の一年生は 3 クラス 79 名の参加で一緒に放流しました。
村本海事さんが黒鯛の成魚 3 尾の他、カワハギの赤ちゃん、イイダコ、ナマコ、ヒトデや黒鯛の餌となるカニやイガイなどを用意して頂き、子供達は興味深々で目を丸くしています。
佐藤会長による簡単な説明の後、赤帽子組は稚魚放流、白帽子組はタッチプ-ルに分かれてスタ-ト。放流組は一人づつバケツに稚魚を入れてもらい桟橋から放流。
当会の担当はレジェンド湯浅さん。 一年生との歳の差なんと 80 歳、タッチプ-ル組は最初はおとなしく観察していたが、触っても良いと言ったとたんキャ-キャ-ワ-ワ-大騒ぎです。
その後放流組とタッチプ-ル組が入れ替わり、一時間程で終了しました。 その後一年生達はでドングリ拾いを行うとの事で野島公園へと向かっていきます。
このような体験を通して少しでも海や自然界の生き物の尊さが伝われば幸いと思います。
今回の各地の放流数は以下の通り
横浜周辺 2000 尾、野島周辺 2500 尾、久里浜氏周辺 2000 尾、過去 23 年間合計放流数 263,100 尾
今年も無事に放流する事ができました。
これも一重に資金協賛等協力頂いた釣り人の皆様、釣具メ-カ-様、渡船店様、釣具店様、皆々様のおかげと感謝申し上げます。
東京湾黒鯛研究会では黒鯛稚魚放流を続けてまいります。皆様方のご支援ご協力今後共宜しくお願い申し上げます。
ありがとうございました。

Report by [ 佐藤 達夫 ]

第20回「ヘチ釣り講習会」 野島防波堤

2018年 6月17日に今年で20回目の節目となりました東京湾黒鯛研究会がボランティアで開催している講習会が、「野島防波堤」での開催となりました。
野島防波堤での講習は昨年に続いての開催のためか、昨年の29名には届かない21名の参加者が受講されました。

関東も入梅し天気が不安視されましたが、当日は梅雨の合間の晴天で、天候悪化の不安はありません。
受付は村本海事様の事務所入口横をお借りしての受付とし、一般のお客様と講習生徒様が間違えないようにしての対応です。

午前の講義が始まります。

今年は野島防波堤海津クラブの廣瀬さんが講師となって開始です。

みなさん熱心に聞き入っています

先生の身振り手振りや実際に竿を使っての説明に、みな熱心に聞き入っている姿は素晴らしかったです。

次に安全装備 ライフジャケットの紹介です。

平成30年2月1日より、渡船時の法律が一部改正され、桜マーク付きの救命胴衣(TYPE-A)の着用が義務化されました。
ライフジャケットの種類 肩掛式やウエストベルトタイプ。実際のライフジャケットを見て、違いを確認しました。

座学講義の締めくくりは、タグ&リリースの報告です。
米山最高顧問より、以前に当会で活動していたタグ&リリースの報告になります。

さあ、船に乗り込みます

さあ、実釣講習です!会員の紹介と講習生と先生の顔合わせがおこなわれたあとに、村本海事様のご協力で12時の渡船で、思い思いの堤防へ渡ります。

 

実技講習ではじっくりと講習生と講師が向き合って納得のいくまでの指導を行いました。

当日の潮周りは野島防波堤での釣行には不向きな上げ潮での実釣講習でしたが、講習生に待望の釣果がありました。


ドック先に渡堤した上田様に釣果がありました。

みなさんお疲れさまでした★

生徒様と先生が一つの輪になり、釣果のあった上田様の釣果報告と講習生徒個人個人の自己紹介です。
野島防波堤の魅力など、時間の許す限りの雑談をしながら、
今回の講習会に御協力して頂いた協賛企業様からの記念品をお渡しいたしました。

 

最後に

今回の講習生徒様に2組のご家族でのご参加がありました。
昨年は親御さんが御子息様を誘っての講習会参加でしたが、今年は御子息様が親御様を御誘いしてのご参加でした。
若かりし頃にに釣りをしていたが、久々に釣りをしたくなったので講習会に参加したとのことです。

ご自身の年齢に関係なく釣り、ヘチ釣りを通してコミュニケーションも取れるものと思っております。
子供がいるから。 や、もう年だから...参加するのは遠慮しがちになる場面もあるかと思いますが、
遠慮なさらずに講習会や講習会に限らず、当会の催物にご参加していただきたく思っております。
来年以降も講習会を開催する所存でおりますので、ぜひともご参加願いたく思います。

協賛
株式会社ウイング黒鯛工房事業部
ゴーセン株式会社
株式会社サンライン
有限会社精金社
株式会社フジノライン

協力
グローブライド株式会社ダイワ(釣り事業部)

特別協力
株式会社 村本海事

協賛・協力をありがとうございました
(写真はご提供の一部)