第20回「ヘチ釣り講習会」 野島防波堤

2018年 6月17日に今年で20回目の節目となりました東京湾黒鯛研究会がボランティアで開催している講習会が、「野島防波堤」での開催となりました。
野島防波堤での講習は昨年に続いての開催のためか、昨年の29名には届かない21名の参加者が受講されました。

関東も入梅し天気が不安視されましたが、当日は梅雨の合間の晴天で、天候悪化の不安はありません。
受付は村本海事様の事務所入口横をお借りしての受付とし、一般のお客様と講習生徒様が間違えないようにしての対応です。

午前の講義が始まります。

今年は野島防波堤海津クラブの廣瀬さんが講師となって開始です。

みなさん熱心に聞き入っています

先生の身振り手振りや実際に竿を使っての説明に、みな熱心に聞き入っている姿は素晴らしかったです。

次に安全装備 ライフジャケットの紹介です。

平成30年2月1日より、渡船時の法律が一部改正され、桜マーク付きの救命胴衣(TYPE-A)の着用が義務化されました。
ライフジャケットの種類 肩掛式やウエストベルトタイプ。実際のライフジャケットを見て、違いを確認しました。

座学講義の締めくくりは、タグ&リリースの報告です。
米山最高顧問より、以前に当会で活動していたタグ&リリースの報告になります。

さあ、船に乗り込みます

さあ、実釣講習です!会員の紹介と講習生と先生の顔合わせがおこなわれたあとに、村本海事様のご協力で12時の渡船で、思い思いの堤防へ渡ります。

 

実技講習ではじっくりと講習生と講師が向き合って納得のいくまでの指導を行いました。

当日の潮周りは野島防波堤での釣行には不向きな上げ潮での実釣講習でしたが、講習生に待望の釣果がありました。


ドック先に渡堤した上田様に釣果がありました。

みなさんお疲れさまでした★

生徒様と先生が一つの輪になり、釣果のあった上田様の釣果報告と講習生徒個人個人の自己紹介です。
野島防波堤の魅力など、時間の許す限りの雑談をしながら、
今回の講習会に御協力して頂いた協賛企業様からの記念品をお渡しいたしました。

 

最後に

今回の講習生徒様に2組のご家族でのご参加がありました。
昨年は親御さんが御子息様を誘っての講習会参加でしたが、今年は御子息様が親御様を御誘いしてのご参加でした。
若かりし頃にに釣りをしていたが、久々に釣りをしたくなったので講習会に参加したとのことです。

ご自身の年齢に関係なく釣り、ヘチ釣りを通してコミュニケーションも取れるものと思っております。
子供がいるから。 や、もう年だから...参加するのは遠慮しがちになる場面もあるかと思いますが、
遠慮なさらずに講習会や講習会に限らず、当会の催物にご参加していただきたく思っております。
来年以降も講習会を開催する所存でおりますので、ぜひともご参加願いたく思います。

協賛
株式会社ウイング黒鯛工房事業部
ゴーセン株式会社
株式会社サンライン
有限会社精金社
株式会社フジノライン

協力
グローブライド株式会社ダイワ(釣り事業部)

特別協力
株式会社 村本海事

協賛・協力をありがとうございました
(写真はご提供の一部)

第6回東京湾黒鯛落とし込みバトル

当会会員も7名が実行委員として大会運営に携わっているTOKYOBAY IS ONE.主催『第6回東京湾黒鯛落とし込みバトル』が、6月9日に千葉県木更津防波堤で行われました。
合言葉は『垣根を越えて誰でも気軽に参加できる釣り大会』をコンセプトに今年で6年連続6回目の大会を開催する運びとなりました。
今年も東京湾の釣り人のみならず東海地域や東北地域と、日本全国から参加頂き総勢171名の黒鯛師の皆様での開催となりました。

落とし込みバトル実行委員の皆様


佐藤会長も参加しました。

今年も参加の重鎮 湯浅氏と五井黒研の会長でもある叶内氏も参加してくださいました。


また、今年も多くの稚魚放流資金¥53,968円をお預かりいたしました。この場をお借りして御礼申し上げます。ありがとうございます。

 

この稚魚放流は皆々様のご支援御協力のもと今年で24年目を迎え、昨年までに256,600匹を超える稚魚を放流する事が出来ました。
今後も引き続き放流活動のご支援宜しくお願い申し上げます。今年の稚魚放流は10月4日です。

 

さて、大会の方ですがA堤で13枚,B堤で17枚,C堤で26枚,D堤5枚と昨年の落とし込みバトルの117匹までとは行きませんでしたが、
全体で61枚の黒鯛の釣果が有りました。  いざ検量し、釣果をまとめていると、2枚の釣果者が多く、その中の1枚の最長寸勝負で順位が決まり、
激戦を制した小原様が優勝。 僅差の準優勝に松田様。 第三位も富重様と上位14位までが、釣果2枚と接戦でした。
当会会員の釣果結果は、小物賞で前田幹事長のみと、寂しい結果となってしまいました。


狩野会員も釣果が有ったのですが、規定の30cmには届かない魚だったため、記録は釣果無しとなってしまいました。
釣り上げられました。そん詳細は東京湾落とし込みバトルHPをご観覧下さい。

http://tokyobayisone.jp/
参加された黒鯛師の皆様、大会運営実行員の皆様大変お疲れ様でした。

 

本年もたくさんの参加者からご寄付をお預かりしました。

一つ一つの美しいお気持ちを、大切に、今年も東京湾へ。

Exif_JPEG_PICTURE

Report by 長谷川直也

2018年度 : 第2回例会 五井防波堤

本年度第2回例会が去る6月3日(日)五井防波堤にて行なわれました。
「あれ、1回目は?」と思われる方もいらっしゃると思いますが5月13日に予定されていた第1回久里浜例会は強風予報の為残念ながら中止となり今回の五井例会が実質本年度第1回例会となりました

 

ここ数年の東京湾の黒鯛フィーバーは激しさを増す一方で湾奥の防波堤を中心に4月頭から本格的に食い始め、5月に入っても産前産後の個体が入り混じり食い続けている状況で「5月は産後の一服で釣れない」など過去の話。
今回例会が行われた五井堤防も5月頭からツ抜け続出の状況で5月下旬にはなんとトップ34枚釣果記録が出たりと異常事態発令中の五井防波堤での例会開催になりました。

当日の潮回りは、満潮AM6:30(177cm)干潮PM13:19(32cm)の中潮
風予報は1日緩い南風予報
競技時間は6:00〜14:00
満員御礼2艘出しの大盛況でAM6時寒川港出航

五井のモーニングは次から次へと突き刺さる事が多く青灯組は皆鼻息荒めで堤防に降りて行きます
会員一同冷静を装いつつも「我先っ!」と、本性むき出しで探って行きますがこの日の青灯は誰の竿も曲がらず「あれれ?」の展開
それでも下げ潮が効き始めた頃、やっと灯台方面アウトコースを中心にポツポツと竿が曲がり始め9時位までに皆1〜2匹ゲットする状況の中、、ゲスト参加の赤沢氏、安藤氏、岩室氏、叶内氏の4名が3枚、前田氏4枚で頭一つ抜け出ます

岩室氏

安藤氏

叶内氏

 

時間の経過と共に全く当たらなくなる中、灯台付近でしつこく粘り抜いた安藤氏が4枚目、叶内氏も4枚目、前田氏が手薄のインコースで5枚目を追加

前田氏

 

潮止まり近くの昼過ぎ、ケツコバに入った石岡氏が狙い通りに食わせるも水面を割ったのはデカキビレでガックシ(ー ー;)
このキビレを最後に下げ潮は終了でした

 

潮止まりを挟み大会終了時刻が迫る中、南西風に押された早めに効きそうな上げ潮に期待を込め地元叶内氏は最後まで諦めずに大溝〜灯台近辺を探っていましたが、予報に反してソコリからはいきなり東風が吹き出した影響か上げ潮は全く流れないまま14時の大会終了時刻を迎えました

 

青灯レポート前田

 

 

続いて赤灯の状況です

今年はかなりの数の黒鯛が釣れてる五井堤防。
しかし前日の青灯の状況は午前中は全くダメでモーニングはポツポツ。
夕方しか活性が上がらないとの事でした。
当日、私は後続船に乗り青灯へ。この後続船は赤灯にも行きます。
青灯に着くとすでに始発便のメンバーが船から降り外側を落としてます。
調子の良い青灯だと、この時点で何人かの竿が曲がってるのですが、今日は誰も曲がらない。
私も青灯で降りようと思ってましたがそのまま船に残り、赤灯で賭けに出る選択をします。
赤灯に渡堤したメンバーは、下道氏、福田氏、秋元氏、私の4人です。
その他の釣り人含めて10人くらい。
平日並の人数。
もしかしたらと思い先端のコバの外側を落とすと1投目から矢引きで止めアタリ。

菅氏

 

グングン引きます。
1枚目なので時間をかけて慎重にヤリトリします。
すると福田氏の竿も曲がる。
下道氏も続く。キレイな弧を描いてのヤリトリ。

福田氏

下道氏

 

秋元氏も真ん中平場で竿を曲げています。

秋元氏

 

まずはメンバー全員が1枚を手にする事ができました。

外側は鏡のようなベタ凪ぎ。
しかしヘチはいい感じに日陰になってる。
それから約2時間、赤灯のお祭りが始まります。
落とせばアタリが出る状況に。
ようやく9:00になりアタリも遠のいたところで、一旦休憩、検量をする事に。
この時点で、下道氏7枚、菅7枚、福田氏6枚、秋元氏4枚。
検量休憩後、福田氏が先端で1枚追加。
福田氏はタモ入れに失敗して残念なバラシがありました。
五井の魚は引きます。
魚が見えてからも何度も突っ込みます。
これが後々順位を決める痛恨のバラシとなってしまいます。
私は浅い根元の方のゴロタや外側の底を攻めてみますが全くアタリがない。
その間に下道氏がコツコツと平場で1枚ずつを積み上げる。
それをみんなで追いかける展開になります。
キビレに悩まされていた秋元氏がニコニコ顔で黒鯛を手にしてます。

赤灯の先端から青灯をみると潮の色が全く違う事に気付く。
これで赤灯のメンバーで上位を争う事を確信しました。
結果、アタリがなくなって停滞したところを1枚、1枚を追加した下道氏が10枚。
菅が7枚。福田氏が7枚。秋元氏が5枚と全員安打の赤灯でした

 

赤灯レポート菅

 

 

結果赤灯1人ツ抜けした下道氏が10枚でぶっちぎりで優勝

下道氏これで2016年の五井大会続いて五井二連覇です*\(^o^)/*

準優勝は同じく赤灯で良型7枚揃えた菅氏が最大魚52cmも仕留めて大型賞とW受賞

第3位は2位と同枚数の7枚ながら総長寸差で福田氏

TOP3左から福田氏 下道氏 菅氏

 

青灯、赤灯ともに同じように魚はいるものの釣り人の数が勝敗を分け、その辺りを読みきった赤灯組が上位を独占する形になりました

会員22名ゲスト6名の28名で総枚数71枚

堤防全体では午前、午後含め106枚釣果と大変盛り上がった例会になりました

 

以下大会結果

 

優勝:下道衛氏
合計10枚(総長寸439cm)

 

準優勝&大型賞:菅順一氏
合計7枚(総長寸332cm)

 

3位:福田光男氏
合計7枚(総長寸277.5cm)

 

4位:前田宏巳氏
合計5枚(総長寸232cm)

 

5位:秋元誠一氏
合計5枚(総長寸206cm)

 

6位:安藤隆氏
合計4枚(総長寸181.5cm)

 

7位:叶内健雄氏

合計4枚(総長寸180cm)

 

8位:岩室彰男氏
合計3枚(総長寸142.5cm)

 

9位:赤沢要様(ゲスト参加)
合計3枚(未計測)

 

10位:伊藤一眞氏
合計2枚(総長寸96.5cm)

 

11位:佐藤達夫氏
合計2枚(総長寸89.9cm)

 

12位:松村淳史様(ゲスト参加)
合計2枚(総長寸86cm)

 

13位:米山修氏
合計2枚(総長寸84.7cm)

 

14位:新免朗様(ゲスト参加)
合計2枚(総長寸83cm)

 

15位:稲畠哉氏
合計2枚(総長寸82cm)

 

16位:池田紘一様(ゲスト参加)

合計2枚(総長寸79cm)

 

17位:廣瀬健夫氏
合計2枚(総長寸78.5cm)

 

18位:石岡伸也氏
合計2枚(総長寸69cm)

 

19位:石井祐司氏
合計1枚(総長寸49.5cm)

 

20位:塩川利彦氏
合計1枚(総長寸47cm)

 

21位:天沼寛司氏
合計1枚(総長寸47cm)

 

22位:長谷川直也氏
合計1枚(総長寸37cm)

 

23位:新沢信一氏
合計1枚(36cm)

 

ゲスト参加頂いた皆様(順不同)
飯田武様(鶴見黒鯛研究会)
赤沢要様(横須賀BFC)
松村淳志様(五井黒鯛研究会)
池田紘一様(五井黒鯛研究会)
新免朗様(五井黒鯛研究会)
石井祐司様(五井黒鯛研究会)

 

例会参加者(順不同)
叶内健雄 : 後藤清 : 秋元誠一 : 菅順一 : 佐藤達夫 : 前田宏巳 : 米山修 : 湯浅剋俉 : 天沼寛司 : 伊藤一眞 : 新澤博人 : 岩室彰男 : 塩川利彦 : 新沢信一 : 石岡伸也 : 福田光男 : 長谷川直也 : 山下正人 : 下道衛 : 廣瀬健夫 : 安藤隆 : 稲畠哉

2017年度:第二回定例大会 野島防波堤

本年度第二回の定例大会が8月27日(日)に野島防波にて行われました。

今年の野島防波堤は絶好調だった昨年の倍近い釣果を叩き出している「超絶」状態。
5月中旬から連日爆ったドック堤・新堤に7月下旬から夏〜晩秋の定番の青灯でも釣果が出始め、
野島杯も過去最高の釣果で終了。

8月に入っても連日の曇天続きでお盆明けまで好調を維持していました。

ところが大会1週間ほど前から悪い潮が入り、
あれだけ付いていたツブが大半落ちてしまいました。

前日26日はピーカンで緩い南風が入り潮も透けてしまい防波堤全体で5枚の釣果。

しかし前日夕方から吹き始めたナライに期待しての大会開催となりました。

当日は7:00出船で夕マヅメ(18:15)までのロングラン大会。

大会当日の潮周りは中潮、満潮8:14(170cm)、干潮14:05(80cm)、
14:00までの下げ潮と夕マヅメをどう過ごすかが作戦の立てどころです。

曇天で東北東7〜8mと野島防波堤の条件としては
最高な状況ですが前日の不調が気になります。

ナライの予報に誘われて地元海津クラブのメンバーや、
元黒研メンバーの古後さんが会長を務めるクラブ(Team Honmoku Anglers)の
月例会も重なりヘチ釣り師が村本前に多数群れて活性が高いです。

ところが大荒れの野島が大好きな野島杯準優勝の佐藤会長が居ません。
どうやら寝坊をしたようで、弟子の前田氏から朝礼で報告があります。

投げ釣りの方も多く朝一の金幸丸は50名を超える人で大混雑、
メンバー20名が各堤に散りました。

沖はナライで適度に荒れ、潮高がある青灯〜ハナレ・新堤は
波が打ちつけて前日とは大違い、各堤期待出来る状況です。

ドックは黒研会員4名(岩室氏、金子氏、後藤氏、安藤)と
他2名の計6名が渡堤しました。

期待されるモーニングはアタリすら無く下げ潮もまともに流れているのは北面のみ。
9時便で岩室氏が赤灯に移動。

午前の釣果は階段と北面の間の底で海津クラブの寺倉さんが1枚釣ったのみで
他はあたりすらない厳しい状況でした。

青灯は大人気で野島杯並みの混雑状態です。

モーニングは好調で青灯は塩川氏や前田氏に釣果が出ます。
新堤もモーニングは好調で石岡氏、下道氏、新澤(信)氏に釣果が出ます。

特に荒れて頭から潮を被り、
サラシが出まくった青灯の別荘・テラスは1時間程度釣果が続き、
長谷川事務局長やモーニングで連続バラシを演じた狩野にも釣果が出ます。

菅氏は頭から潮を被る青灯平場で粘り野島初釣果をGET!!11:15頃、
潮が下がり、ナライも少し落ち着くと野島防波堤水泳部
(長谷川部長、神田隊員、海津クラブ諸星隊員、狩野)が
揃って水路を越えてハナレに渡堤。

この日ハナレは好調で神田氏3枚を筆頭に長谷川氏と諸星さん2枚、
狩野1枚と4名全員が釣果を得ました
(諸星さんは青灯でも2枚仕留めてこの日計4枚の釣果!!)。

12:00便で米山最高顧問と伊藤氏、そして大寝坊した佐藤会長が来堤します。
米山最高顧問と佐藤会長はドックに、伊藤氏は青灯に向かいます。

ソコリのドックは青灯から移動した叶内氏に北面で釣果が出ます。
青灯は16:00頃にブッツケで伊藤氏が1枚仕留めます。

潮が高くなる夕マヅメは釣果が期待されたものの、
水温が下がる東南東の風が強まり状況を悪化させて各堤苦戦します。

赤灯は何発かのアタリが出るも仕留めきれず、
ドック先での終了直前の狩野の釣果で大会終了となりました。

この日は45.5cm 1.53kgを筆頭に青灯2枚、新堤・馬の背で2枚の計4枚、
5.615kgをGETした前田氏がチャリティー大会に続き連続優勝!!

2位以下は激戦で3枚を仕留めた石岡氏、長谷川氏、神田氏、
狩野に大型2枚を揃えた新沢氏の5名での争いでしたが、

新堤での4.075kgの釣果で石岡氏が準優勝、第三位は3.725kgで狩野が入賞。
第4位は3.500kgの長谷川氏、第五位は2枚釣果も3.305kgの新沢氏、
第六位は3.120kgの神田氏でした。

終わってみると大会参加者24名に23枚の釣果。
前日の厳しい状況から釣果が心配されましたが、まずまずの釣果で大会終了しました。

優 勝:前田 宏巳氏
合計 計4枚 総重量5.615kg

準優勝:石岡 伸也氏
合計 計3枚 総重量4.075kg

3位:狩野 誠司氏
合計 計3枚 総重量3.725kg

4位:長谷川 直也氏
合計 計3枚 総重量3.5kg

5位:新沢 信一氏
合計 計2枚 総重量3.305kg

6位:神田 秀樹氏
合計 計3枚 総重量3.12kg

7位:伊藤 悟氏
合計 計1枚 総重量1.55kg

8位:下道 衛氏
合計 計1枚 総重量1.495kg

9位:塩川 利彦氏
合計 計1枚 総重量1.33kg

10位:叶内 健雄氏
合計 計1枚 総重量1.33kg

11位:菅 順一氏
合計 計1枚 総重量0.52kg

釣果合計:23枚

例会参加者(順不動)
叶内 健雄・後藤 清・秋元 誠一・菅 順一・佐藤 達夫・前田 宏巳・米山 修・湯浅 尅俉・ 伊藤 一眞 ・岩室 彰男・塩川 利彦・小川 宗良・新沢 信一・石岡 伸也・福田 光男・長谷川 直也・山下 正人・金子 圭一・下道 衛・狩野 誠司 ・廣瀬 健夫・伊藤 悟・安藤 隆・神田 秀樹

計24名