2018年度第四回定例大会 川崎新堤

Report by [ 長谷川 直也 ]

9月16日 川崎新堤にて第四回目の東京湾黒鯛研究会の例会が行われました。
朝は、曇天な雲行で、パラパラと雨が降ってくる状況でしたが、合羽を着るまでには行かない状況の中、例会がスタート。

会員20名 ゲスト参加者5名が、それぞれ思い思いの場所に下船。 この時点で勝負を掛けている状況が伝わってきます。
朝一番の状況は、1番側の灯台周辺が良く、モーニングを仕留めた会員や、一般の釣り人で半お祭り状態となりました。
4から6番の状況は、いまいちな状況で、モーニングは不発に終わりました。

川崎新堤で定刻の10時になると、懇親会と称してブランチをしながら釣り談義や、釣果の情報交換会が始まります。
通称、五番会と言い、黒研会員もお誘いを受けての楽しい懇親会です。
会の垣根など無く、参加した皆さんが楽しいひと時を過ごしていきます。
もちろん当会会長をはじめ当会の重鎮や、海津クラブの会員、横浜所属の会員も五番会の面々の間に座っての楽しいひと時でした。

さて、午前中の釣果ですが、1~3番で釣行していた会員に複数枚釣果者がいて、4~6番では
石岡氏が1枚  叶内氏が1枚。 ゲスト参加の五井黒研の松村様が1枚。 対象外ですが小川氏にキビレが1枚の状況です。

午後になり釣果情報が入り、前田幹事長が7枚とぶっちぎりの釣果情報が入ります。


他に、今年例会絶好調の下道氏にも1枚 ゲスト参加の羽山様にも2枚の釣果がありました。

競技終了の16時には長谷川事務局の2枚が追加されましたが、前田幹事長も更に6枚追加しましたが、残念ながら検量対象外が3枚含まれていましたが、
断トツの10枚の釣果となり、本例会での釣果総枚数は、会員22枚 ゲスト8枚と釣果には恵まれた例会になりました。

 

 

優勝  : 10枚 総全長393.0cm 前田 宏巳幹事長
準優勝 :  3枚 総全長123.2cm 石岡 伸也氏
第三位 :  2枚 総全長 71.4cm 長谷川 直也事務局長
第四位 :  2枚 総全長 63.5cm 安藤 隆氏
第五位 :  1枚  全長 42.0cm 神田 秀樹氏
第六位 :  1枚  全長 41.0cm 下道 衛氏
第七位 :  1枚  全長 37.0cm 秋元 誠一氏
第八位 :  1枚  全長 35.1cm 叶内 健雄氏
第九位 :  1枚  全長 32.0cm 稲畠 哉氏

 

 

ゲスト参加
五井黒研 松村様 1枚
本牧アングラーズ  羽山様 2枚
横須賀BFC 増沢様 1枚
横須賀BFC 赤沢様 4枚

 

例会参加者
叶内健雄  後藤清   秋元誠一  佐藤達夫  前田宏巳  湯浅剋伍  天沼寛司

岩室彰男  塩川利彦  小川宗良  新沢信一  石岡伸也  長谷川直也 丸山忠   下道衛   廣瀬健夫  安藤隆   神田秀樹  稲畠哉