第3回例会 長浦堤防

第3回 長浦堤防例会 報告                報告:小川 宗良

第3回例会は、8月26日(日)千葉県袖ケ浦市にある長浦堤防にて、こなや丸様の渡船利用で、横浜黒寿々会様のゲスト参加者3名を含む18名での例会となりました。
当日は、大潮初日 満潮3:19 125cmで、干潮10:45  快晴 西南の微風というコンディションです。5:30港に集合し、朝礼後、6時定刻に港を出港し、各々第2、第3堤防へ渡堤しました。   長浦堤防  第2、第3堤防の付け根からテトラへの横方向への移動は厳禁になっています。 釣行の際にはご注意ください。

当初の予定では、渡堤後から16時までの競技予定でしたが、こなや丸様の船の都合から12時過ぎで帰船とのことで、例会も12時までと時間変更の例会となりました。

最近の釣果は、日中は猛暑の影響か?水温の高い状況が起因してか、大変厳しいとの船宿の情報で、釣果は夜釣りが中心とのことでした。

私は第2堤防に渡堤しましたが、渡堤後、皆一目散に先端を目指してスタートしましたが、誰の竿も曲がらず、先端コバのモーニングはありませんでした。
そんな中、長浦堤防の渡堤が初という下道氏が、堤防中ほどの外側で、黒鯛を仕留めました。さあこれからかと思わせましたが、残念ながら誰の竿も曲がりませんでした。

みな、堤防の基から先端までまめに落し込みますが、潮が動かず、黒鯛からのアタリはありませんでした。

第3堤防でも黒鯛からの釣果は聞かれませんでしたが、石岡氏がハリス1.2号で、3.5kg、60cmオーバーのコショウ鯛を石岡氏が釣り上げたとの情報でした。

潮替わりのワンチャンスに賭けて、先端をしぶとく落し込みましたが、アタリ皆無、魚からのコンタクトは有りませんでした。

12時の帰船で港に戻り、港で表彰式を行いましたが、結局、朝一に第2堤防で下道氏が釣った黒鯛1尾が総釣果となり優勝しました。

先頭でも記載しましたが、今年のヘチ,落とし込みシーズンは、どこの堤防でも猛暑,酷暑の中の釣行だったかと思います。  体調管理には十分ご留意されて、万全な状態での釣行をお願いします。
釣行の際の持ち物も、水分は多めに準備したり、持ち物が多くなったり重くなるかと思いますが、クーラーを持参し、クーラーの中に氷を入れて持っていくだけでも熱中症対策や気分的にも楽になるかと思います。
今日以降、時期的に猛暑になることは少ないかと思いますが、来年の釣行の際には熱中症対策を万全にして頂き、釣行していただきたいと思います。