2016年度:第四回定例大会 横浜沖堤

本年8月、当会所属の鈴木哲生氏が逝去されました。

東京湾黒鯛研究会会員一同、
心からご冥福をお祈りいたします。

第4回定例大会 横浜沖堤:9月11日

Report by [ 塩川 利彦 ]

今年度最後の例会が横浜沖堤防で開催されました。

参加人数は会員14名、ゲスト計2名がそれぞれ狙った堤防に渡って釣りを開始しました。

今年の横浜は乗っ込みの時期や特に産卵後は爆釣があちこちの堤防で有り、
私もいい思いをしました。

今年は横浜沖堤防は絶好調かと思いきや…

ツブの落ち始めた7月頃からは、湾奥の堤防は例年になく
キビレのオンパレードで黒鯛がなかなか釣れなくなりました。

しかしながら9月になり30センチ程の黒鯛が混じるようになり
落ちの時期を感じられますが、

まだまだ大型に巡り会うチャンスを期待して私もいつもの旧赤へ渡りました。

今回の例会は本年8月に逝去されました当会会員の鈴木さんを偲ぶ追悼大会でも有り、
朝の集合場所で参加者全員が喪章を付け、各船宿から堤防に渡って釣り開始となりました。

思い返すと3年前の大手術から生還して1年間のリハビリを経て、
また大好きな黒鯛釣りを再会してた矢先の訃報に鈴木さんを知る人達は驚いた事と思います。

鈴木さんはとても温厚な人柄で誰からも慕われる存在でした。

当会に入会した最初の年度総会から建設的な意見や提案等の発言をして
私を含めた古くからの会員に「なるほど。」と言わせるような意見もたくさん頂きました。

鈴木さんは黒鯛釣りが大好きでした。

私は時合いが過ぎたら話し相手を見つけては、
いつまでも釣り談義に夢中になるんですが…

鈴木さんは堤防で一緒になっても長話にはあまり付き合ってくれず
黙々と釣りをしている姿が今でも思い出されます。

横浜沖堤防をホームにしていた鈴木さんは
今日の例会をとても楽しみにしていたに違いありません。

鈴木さんの思いを胸に参加者全員が

「鈴木さんと一緒に釣りをしているんだ。」

「鈴木さんの分まで釣ります。」

という思いを心に秘めた大会となりました。

さて大会結果ですが、やはり湾奥。

規定外のサイズやキビレに悩まされながらの中、
佐藤会長の2枚、関口幹事長の2枚、

金子氏、新沢氏、前田氏、岩室氏のそれぞれ1枚を含め

全体で8枚のあまり釣果の振るわない最終例会となりました。

そんな例会ではありましたが、

今回の大物賞に僅か足りませんでした前田氏が混戦の年間賞をを見事手中に収めました。
おめでとうございます。

最後に東京湾黒鯛研究会の発展に尽力を注いでくれた

鈴木哲夫さん

黒鯛釣りが大好きで横浜沖堤防を愛し、

釣り場で会えばいつもニコニコと挨拶を交わして
楽しく釣りが出来た思い出ばかりです。

スイーツ好きで黒鯛師にしては珍しく日焼けには気を付けて

夏でも足のサンダルの跡以外は日焼けはしない人という印象でした。

そんな鈴木さんとも一緒に釣りが出来ないと思うと残念でなりません。

皆様も事あるごとに思い出して頂ければと思います。
あらためて心よりご冥福をお祈り申し上げます。

[レポート: 塩川 利彦 ]

[稚魚放流資金ご提供:川崎新堤/ダメ磯様]

過日、川崎新堤をホームとするダメ磯様より、稚魚放流の資金提供がございました。
今横浜定例大会におきまして当会稚魚放流担当に資金が託されましたのでご報告いたします。

ダメ磯様、黒鯛稚魚放流資金のご提供をありがとうございました。
会員一同、感謝申し上げます。

ダメ磯・金子会長より黒鯛稚魚放流資金をお預かりしました。

皆さまのお気持ちは、当会稚魚放流担当が確かにお預かりいたしました。
この度はありがとうございました。

[釣 果]

優 勝[大型賞]:関口真一氏
40.0cm/1.12kg
41.5cm/1.28kg
合計 計2枚 総重量2.40kg

準優勝:佐藤達夫氏
34.5cm/0.75kg
42.5cm/1.17kg
合計 計2枚 総重量1.92kg

3位:前田宏己氏
47.5cm/1.82kg
合計 計1枚 総重量1.82kg

4位:金子圭一氏
43.5cm/1.24kg
合計 計1枚 総重量1.24kg

5位:新沢信一氏
38.0cm/1.02kg
合計 計1枚 総重量1.02kg

6位:岩室彰男氏
35.5cm/0.72kg
合計 計1枚 総重量0.72kg

例会参加者(順不動)
岩室彰男:小川宗良:金子圭一:叶内健夫:佐藤達夫:塩川利彦:下道衛:(特別会員)鈴木哲夫 :関口真一:新沢信一:長谷川直也:前田宏己:山下正人:湯浅尅伍:米山修:

ゲスト参加の皆さま
石岡伸也様
大津篤司様