第11回 野島杯黒鯛釣り大会



Report by [関口 真一 ]


第11回 野島杯黒鯛釣り大会


第11回野島杯が7月24日に野島防波堤で開催されました。

今年からアワード予選大会となったこの野島杯、
朝から参加者の気合がビシビシと伝わってきます。

開会式では遠く大阪から御参加頂いたアワード実行委員長の倉田さんにご挨拶を頂き、
渡船&競技開始となりました。

当日は満潮が7:06(173.2㎝)と20:16(176.3㎝),干潮が13:46(43.0㎝)中潮の潮周りで、
前日からナライ(北東)の風が吹く最高の条件の中、当会会員を含む68名の参加者が各堤防に渡りました。

一番人気は青灯&ハナレで「下げ潮&ナライ」の絶好の条件のなかエサを落とし続けますが、
誰一人竿が曲がりません!



そんな中、潮裏の内側を狙っていた釣り人に黒鯛が釣れますがその後が続きません。
10:30の移動船が来る頃には風も収まり潮も澄み、
その後は3枚の釣果しか出ず最終的に計4枚のみが検量されました。

ドックでは、時合こそ有りませんがポツポツと釣果が上がります。

エサは、一枚ツブの反応が悪くダンゴとカニに釣果が偏りましたが、
最終的に8枚の釣果が有りました。

新堤&馬の背は前週から釣れており、

前評判通りこの日も青灯側の台周辺で当会会員の前田氏が4枚

馬の背では狩野会員も同じく4枚

その他一枚の釣果の参加者が6名でトータル14枚の黒鯛が釣り上げられました。
ドック先ではマルチ釣果を含め3枚の釣果が出ました。


今大会総合計29枚の釣果が有り、
野島杯過去2番目の釣果で大会が終了致しました。

優勝は、新堤で4枚の型を揃えた当会会員の前田氏、

準優勝は馬の背で同じく4枚を釣り上げた当会狩野会員、

14位に当会佐藤会長が入賞致しました。

入賞された皆様、おめでとうございました。

最後に、

今大会の参加費の一部と汐よし様より稚魚放流資金のご寄付を頂きました。

今後もご支援、御協力を宜しく願い致します。

この場をお借りして、御礼申し上げます。有難うございました。

以下第11回野島杯の釣果となります

 

優 勝 前田宏巳氏(当会会員)
釣果4枚 総全長173.5㎝
場所:新堤

準優勝 狩野誠司氏(当会会員)
釣果4枚 総全長147.5㎝
場所:馬の背

3 位 加藤秀夫様
釣果2枚 総全長 93.3㎝
場所:ドック

4 位 福田直哉様
釣果2枚 総全長 88.2㎝
場所:ドック

5 位 津島宣明様
釣果2枚 総全長 82.1㎝
場所:ドック先

14位 佐藤会長(当会会員)
釣果1枚 総全長 36.5㎝
場所:青灯


Award出場

野島杯の部 前田宏巳(黒研会員)
大物賞の部 石崎肇様(海津クラブ)

[協賛・協力]
日刊スポーツ新聞社
(株)ウィング・黒鯛工房
(株)オーナーばり
(株)がまかつ
(株)サンライン
マルキュー(株)
(有)精金社
(株)フジノライン
汐よし
アークス根岸店
東京湾鯛研
(田中名誉会長・佐藤会長・久永幹事)

 


優勝の前田氏

準優勝の狩野氏

14位の佐藤会長