TOPへ

堤防今昔物語



【 野島防波堤今昔】



 


[ Presented by ]田中 正司

東京湾黒鯛研究会名誉会長
野島防波堤海津クラブ会長

 
 


南北に深く長く延びた東京湾は、首都を防衛するために湾口近く多くの要塞が築かれた。第一、第二、第三と続く海堡はその名残りである。

東京湾。 それは、神奈川県、東京都、千葉県と関東3都県に囲まれ、関東平野の中にまで深く入り込んだ内海である。

その生い立ちをたどると、古く江戸末期までさかのぼらなければならない。首都、江戸の防衛のため、東京湾口の横須賀に製鉄所と造船所が築かれたことに始まり、明治時代にはさらに一層の強化がなされた。それは、湾口である千葉県富津から三浦半島一帯の要塞化であった。千葉県側から第一海堡(埋め立て)、第二海堡(埋め立て)、第三海堡(埋め立て海没)、猿島の各要塞を築き、そのすぐ内側に要塞地帯の中心をなす横須賀軍港が築かれたことに端を発している。当時の要塞地帯は機密のベールに包まれており、地元の漁師でさえ堤防から20間(約36m)以内には近付けなかったと言われている。

 
 


・大正12年の関東大震災で沈下海没した部分が現在もそのまま残っていること
・明治37年の日露戦争の頃には、湾口の第一海堡が完成していた
以上のことから推察して、野島堤が明治末期から大正初期にかけて築かれた可能性がおおきい。

終戦の年から地元漁師に頼んで闇の渡船が始まる。 野島堤は谷あり瀬ありの東京湾特有の海底地形を利用し、水深9m前後の瀬の部分に大量の捨て石を投入、その上にコンクリート製のケーソンを積み上げて築堤した古いタイプの堤防だ。岩礁でできた瀬が無数にあり、谷の部分は水深20m近くまで落ち込む急斜面の駈け上がりがある。

渡船代150円、正式な渡船許可は昭和34年から

当時の野島堤は、陸上の夏島から東に延びる赤灯堤と、島堤で東西に延びる青灯、白灯堤があり、その赤灯堤の中央に魚雷発射試験場の建物があった。この試験場の跡地でクロダイが良く釣れ、土地の老釣り師達は『発射場』の愛称で呼んでいた。 しかし、あまり陸に近付いたために米軍のMPにピストルで撃たれたと言う話も残っている。

短くて先調子の特殊なクロダイ竿が、いつ頃登場したのか定かではないが、第二次世界大戦後、横浜堤あたりが発祥の地だといわれている。船釣り用の手バネ竿や江戸前の海津竿を、繊細なクロダイ釣に向くように改良を加え完成していったものと聞いている。この防波堤用短竿は長さが1,4~2,7mと非常に短く、よほどの大型が掛からない限りほとんど曲がらない硬い胴を持つ。 その一方で穂先は糸のように細い極端な超先調子の竿だ。穂先の調子は関東各地の堤防の立地条件などに合わせて、8:2調子の横浜竿、9:1調子の野島竿などが生まれた。

東京湾の開発が進みドック堤の完成から第二期黄金化時代へ

なぜ関東の堤防では、短竿が主流になったのだろうか?
その答えを考えてみると、最初に堤防と海面までの高さの問題がある。横浜堤にしろ野島堤にしろ、防波堤から海面まではわずか0~2m位しかない。こういう低い堤防でクロダイの有望なポイントであるヘチ(壁面)を狙うには、長竿ではかえって不便だった。 しかも足場が良かったから、糸のバカをうんと出せば(飛ばし釣り)、長竿以上に沖目を探ることができるという利点もある。

ドック堤が完成すると、赤灯堤の代わりに新築のドック堤への渡船が昭和45年に始まった。
昭和46年、築後2年目のドック堤に黒貝(イガイ)の稚貝が付きだした頃、連日クロダイの釣果にわいた。渡船宿で記憶しているところによると、1~2kgの大型クロダイばかりを28枚というのが最高記録だったという。また、名人と呼ばれる釣り師が輩出したのもこの頃である。時を同じくして、デュポン社から黄色の蛍光ラインが発売された。それまでは、道糸に蛍光塗料を塗ってフカセ釣をしていたが、この蛍光ラインの出現によって、微妙なアタリが取れるようになり、クロダイのフカセ釣り釣方も完成の域に達したのである。

   




 

昭和52年に再び転機。航路拡張のために防波堤を大改造

昭和52年に再び転機。
これと対照的なのが落し込み釣りだ。

このような変遷を経て現在の野島堤があるわけだが、その間にも数々のエピソードがあった。その中でも思い出に残るのは、昭和54年、東京湾にサバガニと呼ばれる遊泳性の小型ガニが大発生した時だ。甲長1~1,5cmの小型のカニが海面を茶色く染める程大発生し、東京湾を泳ぎ回った。そして、このカニをエサに湾内各地の防波堤でクロダイの大釣りが続いた。このカニは正式にはオヨギピンノ(ピンノ=カニの事)といい、普段は砂泥中に生息するチンチロフサゴカイの巣の中で、一匹ずつが共生しているが、何かの変化で時々大発生する。このカニが発生すると、魚は他のエサには見向きもしなくなる。

END

(文章:黒研.石田さんのサイト【堤防の黒鯛釣り】よりコピー)
(UP:NT)