TOPへ

2007年度:当会釣り大会報告
黒鯛工房CUP&野島堤防<野島杯>




第1回 久里浜防波堤大会



5月27日、今年度、第1回目の「久里浜大会」が行われました。
前回の大会ではアシカ島が大爆釣ということもあって、人気はやはり島でした。

長竿ではあまりにも数が出過ぎるとのなんとも贅沢な話しで、今回はハンディを付け、3m10cm以下の短竿限定という規定を設けました。

島に渡った釣り人はそれぞれに何度かアタリやバラシを繰り返すも、見事3枚を釣り上げた前田氏が優勝でした。

2位と大型賞に佐藤達夫氏、3位に新入会員の小川氏が見事入賞です。
全部で7枚の釣果があり、おしくも入賞は逃しましたが、関口氏にも釣果がありました。

残念ながら防波堤に渡った会員にバラシやアタリはでたのもの、釣果はありませんでした。
やはりこの時期、島は強しですか・・・

優勝:前田氏 3枚:46cm/1.75kg, 43cm/1.2kg, 38cm/1kg
2位&大型賞: 佐藤達夫氏 50cm/2.2kg
3位:小川氏 46cm/1.6kg

 

 


<左から> 優勝:前田氏 2位:佐藤達夫氏 3位:小川氏

 

第2回 鳥浜防波堤大会



 

 6月10日、第2回鳥浜大会が開催された。
早朝に曇っていた天候は9時を回るころから小雨がチラツキ、雷まで鳴りだす悪天候と変わりました。

 さすがの強者共も雷には勝てません。
天候が落ち着くまでしばし休戦状態でした。
雷が鳴ると魚が釣れないとよく言われますが、この日はなかなか苦戦でした。

 この時期としてはアタリが殆ど無く、数少ないチャンスをものにして見事2枚を釣り上げた角田氏が、同じく2枚を釣り上げた山下氏を僅差で押さえて優勝です。

 久しく賞に縁の無かった石田氏もかろうじて大型賞対象魚を釣り上げ、3位と大型賞を手に入れました。

優勝:角田氏 2枚 44cm/1.3kg, 36.5cm/0.95kg
2位: 山下氏 2枚 40cm/1.05kg, 36cm/1kg
3位&大型賞: 石田氏 48cm/2kg


 


<左から> 優勝:角田氏 2位:山下氏 3位:大型賞:石田氏

 
第3回 若洲海浜公園大会

 7月8日、若洲海浜公園大会が開催された。
釣場は若洲海浜公園の荒川河口に連なる地磯のテトラ。

 今回は各クラブの会とのバッティング等もあり16名の参加。
北風がそよそよで若洲にはあまり良いコンディシヨンとは言えず潮は澄みぎみ。

 はじめ全員が下流界隈に入ったのだが、朝のうちは誰一人アタリが無いきびしい状況。
上流に濁りがあり1枚釣れたと言う情報が入るが、徒歩では半端でない遠い距離・・・そこへ正義の味方「月光仮面」が現れオートバイの後ろに乗せ何往復もして上流へ皆を運んでくれた。(たとえが古い、年がわかるな~)

 上流で釣始めたころは満潮からの下げっぱな。突如、叶内氏がデカイのを釣ったと連絡が入る。

 次々とクロダイが掛かり出す・・・高橋氏の竿が曲がるも、テトラは得意のはずだがのされて糸を出してしまい道糸からブッチン。
小川氏も玉網を出してから突っ込まれブッチン。

 地元の私も手前に突っ込まれブッチン・・・そのうち香取氏の竿が曲がり無事取り込んだ。しかし今日の釣果は後にも先にもこの2枚だけ総体的には今一喰いが悪い一日だった。

 今回初の開催地「若洲海浜公園」は東京湾では数少ない地続きの釣り場で環境も良くとてもきれいな釣り場。

 こんなすばらしい場所を失わないよう、またこのような釣り場を増やして行くような活動を推進する団体になっていかなければとつくづく思いました。
文.佐藤幹事長



優勝&大型賞: 叶内氏 57cm/2,95kg (黒研大会至上最大魚)
準優勝: 香取氏 31cm/0.7kg

上記の通り五井黒研のワンツーフィニッシュとなりました。
おめでとうございます。

3kgなかったのが不思議なサイズ!
しかし、45cmサイズの玉網から飛び出す様はでかい!


 


優勝/大型賞:叶内氏


準優勝:香取氏


 

黒鯛工房カップ
第3回 東京湾クラブ対抗ヘチ釣り選手権


 


黒研所属の角田氏がリーダーの横須賀BFCチーム快挙です。
左より高橋利武氏(黒研)、鈴木義人氏、角田親治氏(黒研)

 

 7月26日(木)、3回目を数える東京湾クラブ対抗戦が横浜沖堤を競技会場に開催されました。

 当日は早朝より、関東近郊のクラブを中心に、遠く福島のクラブも集結。受付の鈴木釣船店前には百戦錬磨の黒鯛師の熱気でいっぱいに。

 競技開始後しばらくの内に朝一番の釣果がD堤各所を中心に上がりました。 しかし、陽が高くなるにつれ黒鯛からの反応は皆無に。

 真夏を思わせる太陽が選手たちの気力と体力を容赦なく奪いましたが、終了間近横須賀BFC Aの高橋テスターがD堤テトラで一枚上げ、厳しい状況下、総釣果2枚の成績でフィニッシュ。

 今年のクラブ対抗戦を制しました。
(引用:黒鯛工房ホームページより/同写真

 

野島堤防<野島杯>


 

 8月5日、野島杯が参加96名で開催された。

 連日の南風で潮が澄み条件の悪い中8枚の釣果があり、佐藤達夫準優勝、後藤勝美8位と黒研メンバーが活躍しました。


 

 


惜しくも準優勝の佐藤達夫氏


8位の後藤勝美氏

 
第4回 横浜大会
 

 前日までの船宿釣果情報では、連日の猛暑続きで奥湾に位置する浅場の旧赤、旧白堤等ではなかなか厳しいようだ・・・と言う情報で、大半の会員は沖の防波堤を釣り場に選びました。

 そんな中、それでは一つ裏をかいて・・・と、性格のちと怪しい面々が奥湾の旧赤堤へ。潮は澄み気味で、小潮周りのせいか流れもほとんど無く、これは厳しい状況だなぁと落胆。

 しかし、内側で狙っていた関口氏に7時前に大型の1尾が!なんでも内側にクロダイの姿が見えていたとの事。

 続いて石田氏には沖側中程で・・・しばしの時間をおいて、山下氏にも良型がヒット!
旧赤堤での独占釣果で最終大会は締めくくられました。

 


□優勝&大型賞: 関口氏(52cm/2.55kg)
□2位: 山下氏(49cm/2.25kg)
□3位: 石田氏(45.5cm/1.54kg)