TOPへ

2006年度:当会釣り大会報告
黒鯛工房CUP&野島堤防<野島杯>




第1回 久里浜防波堤大会



 5月28日、今年度、第1回目の「久里浜大会」が行われました。 朝から小雨10時より曇り、北東微風と条件は最高でした。

 なかでも鶴見黒研の後藤氏大爆発で、なんと9枚釣り上げダントツの第一位でした。 おめでとうございます。

 2位と大物賞は角田氏、3位は米山会長、4位は高橋氏とやはり久里浜に精通している方々が上位独占と成りました。

 そんな中、野島をホームとする金子氏が2枚釣り上げ5位に入賞、晴れて研修会員を卒業し正会員となりました。おめでとうございます。

 昨年同様、防波堤は芳しくなく釣果はすべて「アシカ島」でした。 今日はゲスト3名を加え20名参加で有釣果者8名、総合計釣果25枚という結果でした。

優勝:後藤勝美 合計9枚(10.6kg)
 41cm/1.15kg 44cm/1.45kg 39cm/1kg 
 46cm/1.65kg 43cm/1.2kg 47cm/1.7kg
 35cm/0.75kg 35cm/0.85kg 38.5cm/0.85kg
2位:角田親冶 合計4枚(6.95kg)
 46.5cm/1.55kg 51.5cm/2.2kg 45.5cm/1.75kg 47cm/1.45kg
3位:米山 修 合計4枚 6.3kg
 46cm/1.6kg 42cm/1.25kg 47.5cm/2.15kg 42cm/1.2kg
4位:高橋利武 合計3枚 4.8kg
 50.5cm/2kg 51.5cm/1.85kg  36cm/0.95kg
5位:金子圭一 40cm/1.15kg 37.5cm/0.9kg 合計2枚 2.05kg
6位:渡辺勉  49cm/2.05kg
7位:前田宏巳 46cm/1.85kg
8位:岩室彰男 41cm/1.3kg


 


<左から>2位:角田氏 優勝:後藤氏 3位:米山会長


 

第2回 鳥浜防波堤大会



 6月11日、第2回鳥浜大会が開催された。 一日中小雨、北東微風、潮は薄濁りと言う条件の中、ゲスト7名含む28名参加でした。

 6月8日に他界された赤松氏を偲び全員で黙祷をし喪章を付けて行われた。

 結果は全員で13枚会員7枚ゲスト6枚とかろうじて会員の総釣果が1枚ゲスト総釣果を上回ったが、人数割にすると会員33.3%ゲスト85.7%とゲストの鳥浜常連組みに完敗だった。

 そんな中、会員で頑張ったのは塩川氏、良型2枚釣り上げ満面の微笑みでの記念写真。 岩室氏の一言「僕が黒研に入会して5年立つが塩川さんが大会で釣ったの初めて見た」(失礼な・・・笑)

 大会終了後、釣り姿から礼服に着替え皆で赤松氏のお通夜に参加、式場内にはクロダイを抱えて微笑む赤松氏の遺影が飾られ、愛用の竿、リール、餌箱等も備えられ、クロダイ釣りに捧げた生き方を偲ばせてくれていました。

 焼香後のメンバーは赤松氏の思い出と大会の釣り談義に花が咲き、もちろんこの輪の中に赤松氏も加わり、さぞかし楽しんでくれた事だろう。赤松さん、安らかにお眠り下さい。数多くの思い出と、黒研の業績を担っていただきありがとうございました。



 



優勝: 塩川氏 49.0cm/1.7kg 47.0cm/1.75kg 計3.45kg
2位&大型賞: 山下氏 51.0cm/2.0kg
3位: 長谷川氏 49.5cm/1.65kg
以下 叶内、角田、米山、各1枚の釣果だった。

 
第3回 五井防波堤大会

 7月2日千葉県は五井防波堤で第3回の定例大会が開催去れました。 やったぁ~~~!何年ぶりかの優勝で~す。

 今日は弟子の田村、前田、不参加で黒達会の看板しょって頑張りました。

 朝6時の船で青灯へ。開始から1時間ほど経過した時、久里浜でこてんぱんにやられた鶴見の後藤さんの後に、丸山さん、そして私、佐藤の順で探って行きました。

 丸山さんが本日第1号をゲット!(40cm/1kg)
その10分後に私がゲット!(44cm/1.3kg)
青灯の反対側では五井の主、古川さんがゲット(38cm/0.8kg)と好調な出だし。

 しかし、このころから南風が急に強くなり、10時で早上がりとなってしまいました。
早上がりが功を奏したのか、私の魚が一番大きく久々の優勝となった。

 餌はこの日の為に腰を痛くしながらも、昨日一生懸命取ったタンク蟹で予想的中!
あ~これで前田に「俺が入会してから佐藤さんが優勝したの見たこと無い」と言われないですむぞ。

 とは言え、今日は久里浜でさんざんやられた後藤さんの後を探りながら、釣ったことが一番の快感でした。
(佐藤幹事長談)



 


優勝:佐藤幹事長 2位:丸山氏


 

黒鯛工房CUP 第2回東京湾クラブ対抗ヘチ釣り選手権


 


準優勝:関東まるた会 中央 千葉氏


海津クラブB 中央 金子氏


横濱黒落会 右 岩室氏

 

 7月13日。黒鯛工房主催の黒鯛工房CUP第2回クラブ対抗ヘチ釣り選手権が横浜防波堤群で開催されました。

 黒研所属の千葉氏、金子氏、岩室氏の所属チームが入賞しました。

□準優勝: 関東まるた会
 千葉光弘氏、黒田充紀氏、品田祐一氏

□第4位: 海津クラブB
 田中公示氏、金子圭一氏、伊藤 悟氏

□第5位: 横濱黒落会
 齋藤寿夫氏、岩室章男氏、新沢信一氏

 

 

野島堤防クロダイ釣り大会(野島杯)


 

 7月30日(日)に村本海事主催の<野島杯>クロダイ釣り大会が開催されました。
エントリーされたのは総勢134名の黒鯛師の皆さん。

□優勝:金子圭一氏(写真左/中央)41cm&42.4cmの2枚!(当会会員)
□準優勝:米山修氏(写真左/左)34.6cm&43.1cmの2枚!(当会会長)
□第三位:土志田和昌さま(写真左/右)49.2cm/2.12kg!


土志田さまの49.2cmはこの日の大物賞もダブル受賞です。

 当日の天候は朝のうちは曇りで北寄りの風、波っ気も充分。
潮の濁りも良好でなかなかのコンディションと思われましたが、午前中は、潮の状態が防波堤によって極端に早かったり全く動かなかったりと、海の気まぐれに悩まされ・・・?あるいは敵もさるもの?皆さんの熱気と殺気を察知してかそう易々とは口を使ってくれない様子。

 人間たちの期待に反して釣果の伸びは、このところの好調さを素直に反映してくれません。釣り人の思うにまかせぬ<クロダイ心と夏の海>・・か?予想外のややタフコンです。
それでも、14時の沖上がりには合計で11枚の型を見ることができました。
朝のうちは潮も高く、幾分荒れ気味だった海ですが皆さん事故や怪我もなく無事終了。

 



閉会式では入賞された方々の受賞イベントのほか、残念ながらこの日は魚運に恵まれなかった皆さんも豪華賞品のジャンケン争奪戦で盛り上げていただき終始なごやかな雰囲気のなか、納竿となりました。(以上村本海事ホームページより)

 青灯に渡った金子圭一氏はツブダンゴで2枚ゲット。
同じく青灯に渡った米山修氏の追撃をかわし見事優勝に輝きました。
また、渡辺亮氏も入賞と黒研会員が大活躍。

 今回の野島杯は釣果もさる事ながら、参加する事が色々な意味で重要な会でした。
この場を借りて参加頂いた会員の方々に御礼申し上げます。
また大会参加費の半額500円は放流資金として6万7千円の募金が集まり当会に委託されました事をご報告申しあげます。

 
第4回 野島防波堤大会
 

 8月20日、年度最終の大会が野島防波堤に於いて20名参加で開催されました。

 当日は風弱く晴れたり曇ったりスコールみたいなどしゃ降りがあったりと言う天気。
濁りも薄濁り、ほぼ一日中上げ潮と野島にはけして良いとは言えない条件の中、8枚の釣果の半分を一人で釣った佐藤達夫氏が、五井大会に続き連続優勝です♪~♪~
(佐藤幹事長談)

優勝:佐藤達夫 4枚(合計6.96kg)
 41cm /1.1kg 43cm/1.46kg 45cm/1.48kg 47cm/1.92kg
第2位:塩川俊彦 49cm/2.08kg
第3位:後藤勝美 46cm/1.7kg
第4位:長谷川直也 45cm/1.5kg
第5位:鈴木啓功 33cm/0.7kg
大物賞:塩川俊彦 49cm/2.08kg


 

写真中央 優勝:佐藤氏 (左)後藤氏 (右)塩川氏