TOPへ

2002年度 当会釣り大会報告 & 黒鯛工房CUP




第1回 中央防波堤大会



 3月31日(日曜日)2002年度初めての大会が中央防波堤にて開催されました。

 今年は去年と比べて釣果が上がらず、中央防波堤も苦戦でした。 いつになく春の到来が早かったのが影響したのかもしれません。

 ゲスト7名を加えて27名参加で釣果は寂しく2枚止まりでした。

優 勝 永井氏45cm(1.65kg)
準優勝 佐藤達男氏44.5cm(1.5kg)

 



優勝永井氏 準優勝佐藤達男氏
 

第2回 千葉長浦防波堤大会




優勝渡辺氏  準優勝米山会長

 

 8月25日(日曜日)千葉県長浦防波堤群(こなや)において第2回大会が開催されました。

 先週発生した青潮の影響が懸念されましたが、何とか釣果を上げることができました。 ひそかに穴狙いで第3堤防の排水溝まで出かけていった渡辺氏が45cmオーバーを2枚まとめ、みごと優勝に輝きました。

 渡辺亮氏は毎年1回は賞をゲットしています。 この日惜しむべきは、0.5cm足らずに大物賞を逃した事でしょう。 当会規定寸法(45cm以上)

 当日、第1堤防ではアタリが結構あり、釣果には結びつかなかったものの、悔しい思いをした会員がたくさんいました。

 

黒鯛工房CUP 第2回ヘチ釣り選手権




高橋利武氏:
東京湾黒鯛研究会会員、
横須賀新堤会員、
黒鯛工房テスター

 

 黒鯛工房CUP 第2回ヘチ釣り選手権が、9月5日(木)横浜港沖堤で開催されました。

 北は福島県小名浜港の釣りクラブのメンバーたち、西は静岡県清水港から愛知県や大阪府からも多くの参加者を迎え、総勢121名の精鋭によって大会が繰り広げられました。

 そんななか横須賀新堤をホームグラウンドとしている高橋利武氏はハナレを選択。 8時に38.6cm、8時半に36.8cmと2匹釣り上げ優勝に輝いた。

 前回は鶴見黒研の赤松氏に続き、東京湾黒鯛研究会会員2連覇達成。

 

第3回 横浜防波堤大会


 

 9月8日(日曜日)横浜防波堤群において第3回大会が開催されました。
 この時期、横浜沖提では順調にクロダイが釣れており、大会でも10枚のクロダイが釣れました。

 午後から東よりの風に変わったのが幸いして、D突堤で33cm/0.8kg、42cm/1.52kg、45cm/1.54kgの3枚を釣り上げた横田氏が優勝しました。

 準優勝には赤灯~テトラと渡り、それぞれの堤防で1枚づつ釣り上げた米山氏が大型賞をあわせて受賞。

 前回千葉長浦大会に続き連続入賞です。
第3位には横浜堤の岩室氏が入賞しました。

 

優勝横田氏 準優勝米山会長 3位岩室氏


 

第4回 横須賀新堤大会


 

 9月29日(日曜日)横須賀新堤において第4回大会が開催されました。

 黒鯛シーズンラストチャンスを狙っての横須賀新堤での大会です。
 例年であればこの時期安定してクロダイが釣れるのですが、前日の雨やここのところ急に冷え込んだせいもあってか、堤防全体で5枚という貧果で終わってしまいました。

 その中でも鋭い読みで、内側に的を絞って狙い続けた渡辺氏が唯一クロダイを上げ大会を征しました。
2.2kgのカンダイのおまけ付きです。

 



勝ち誇った顔の渡辺亮氏