TOPへ

2001年「釣り人によるクロダイ稚魚放流」

東京湾黒鯛研究会名誉会長  野島防波堤海津クラブ会長 田中 正司

東京湾黒鯛研究会会長 米山 修



10月11日(木曜日)神奈川県金沢区野島において黒鯛の稚魚5,800尾を放流しました。 今回は野島防波堤海津クラブと東京湾黒鯛研究会のメンバーが中心となり、村本海事と共同で放流事業を執り行いました。

従来は、三崎栽培漁協(神奈川県)で稚魚を購入していたのでしたが、マダイの生産が中心となりクロダイは生産しないとの連絡があり、栽培漁協の斡旋で四国は松山からの購入することになりました。

朝9時遠路遥々運ばれてきた黒鯛の稚魚が到着。稚魚は15cm程に成長していました。早速バケツリレーで船へ積み込みます。村本海事のべか舟で稚魚生息域に適していると思われる野島海浜公園沖合、海苔ひび周りと村本海事の金幸丸で野島防波堤青灯の内側に放流をしました。

放流数は5,800 尾。

皆さまのご支援ご協力に厚く御礼申し上げます。 しばらくは野島周りでチンチンが釣れると思います。できたらそっとっ放流してあげてください。


 


野島防波堤青灯内側への放流